ネットで稼ぐ方法!電子書籍を販売して稼ぐ方法

電子書籍を販売して稼ぐ!

インターネットが広く普及したことで、現在では多くの人々がネットビジネスにより収入を得ています。
ネットビジネスは種類が豊富ですが、電子書籍の販売もネットビジネスのひとつです。
書籍の販売は難しいと考える人もいますが、実は比較的簡単に実現できます。
文才が必要かというと、それほど文才がなくても売れている人は売れています。
当たれば稼げるビジネスなので、最近は若い人から高齢者まで幅広い年齢層の人々が電子書籍に興味を持ちつつあります。
本を出版した場合、印税収入が入ります。
印刷された書籍の場合、大手出版社だと販売価格の10%が印税の相場です。
新人だと10%以下になることもあります。

電子書籍の印税何と最大70%!

最近話題になっている電子書籍の場合、AmazonのKDP出版でも最大70%の印税が入ってきます。
70%の印税を受けるためには様々な手続きが必要ですが、最大70%の印税は大きいです。
電子書籍とは、主にインターネット上で流通する電磁的に記録された書籍になります。
パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末で閲覧できるので場所をとらず便利です。
電子書籍は、本のデータをネット上でダウンロードして使います。
電子書籍を購入して端末にデータを保存しておけば、いつでも好きなときに書籍を読むことができます。
紙の書籍だと古くなって破れてしまうこともありますが、電子書籍ならいつまでも新品状態です。
市場規模も右肩上がりで、2017年度は前年に比べて13%以上もアップしています。

電子書籍のマーケットは更に拡大中!

2019年はさらに規模が拡大し、これからも拡大が続くと予測されます。
急成長を遂げ今後も成長が期待できる電子書籍は、ビジネスの世界でも欠かせないメディアになっています
有名なAmazonのKindleには優れたプラットフォームがあり、そのプラットフォームを活用すれば70%の印税が入る可能性があります。
昔だと素人が本を出版して稼ぐことは夢のような話でしたが、現在は夢ではなく多くの人が実現しています。
以前は自費出版しか方法がなく、自費出版には多額の費用がかかります。
本が売れないと費用さえ回収できないケースも多いです。
個人が電子書籍を出版できる販売プラットフォームが登場したことで、現在では誰でも簡単に個人出版ができます。
大手AmazonのKDP出版であれば、出版費用は無料です。
電子書籍が売れれば、35%から70%が印税として著者の所有する口座に振り込まれます。
最近では人気作家並みの印税収入を得ている人も増えています。

電子書籍なら在庫の取り置きが不要!

紙の書籍だと在庫の問題がありますが、電子書籍なら在庫の取り置きが不要です。
データがある限り、ずっと収入源になり続けます。
電子書籍には、印税以外に稼ぐ方法がもう1つあります。
もう1つの方法とはKENPの分配金です。
KDPでは、無料で読まれたページ数に応じて、分配金をもらうことができます。
KDPで70%の印税をもらいたい場合は、KDPセレクトに登録します。
KDPセレクトに登録すると、Amazonプライムが会員に提供している無料サービスの対象になります。
無料で本が読まれた場合、読まれたページ数をKENPと呼びます。
ページ数に応じて分配金をもらうことができるので、活用している人は多いです。
KDPセレクトに登録されると、自分の本をより多くの人々に読んでもらうチャンスが広がります。
電子書籍が売れるようになると、バックエンド商品で稼ぐことも可能です。
バックエンド商品というのは本当に売りたい商品のことです。

無料の書籍で集客を行い、単価の高い商品売る手法

無料の書籍で集客を行い、単価の高い商品を売る人もいます。
税理士などの専門家だと、無料でアドバイスを行って本業のサービスへとつなげる人は多いです。
文章を書くのが好きな人にとっても、本命の商品やサービスを売りたい人にとっても電子書籍はアピール力があります。
電子書籍は、誰でも簡単に出版することができます。
出版費用がゼロなので気軽に挑戦でき、自分で書くのが苦手な人なら出版代行会社を利用することも可能です。
電子書籍を出版したい場合、まず執筆を行い全体のチェックを行ってから表紙を作成します。
表紙を作成してからデータを変換し、ストアで登録を行います。
代行会社を利用すると割高になるので、自分だけで電子書籍を世に出している人も多いです。
趣味の小説でも十分に売れるチャンスがありますが、売れるジャンルに的を絞ることでより売れやすくなります。
素人でも書ける売れるジャンルの筆頭がノウハウ本や実用書です。
いつの時代でもノウハウ本と実用書は売れます。
趣味のノウハウ本だと、自分の趣味を活かしながら収入を得ることができます。
ターゲットを絞ることができれば、大手とも戦うことが可能です。

Amazonは圧倒的なシェアを誇る

電子書籍を売るストアは数が多いですが、Amazon1本に絞れば最大で70%の印税が手に入ります。
Amazonは圧倒的なシェアを誇り、販売するメリットも大きいです。
初心者でもストアの案内にそって手続きをすれば、簡単に電子書籍の出版が実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。