FX取引の年末年始は危険!クリスマスは取引を避けるべき理由

 

FX初心者は年末年始の取引は避けるべき!ということをご存知ですか?

年末年始は普段と違う相場の動きや、パターンになることが多く初心者の取引には向きません。

FXでの取引を年末年始どうするべきか知りたい、具体的な対策を知っておきたいと思う方もいるでしょう。

そこで今回は、年末年始のFXに参加する危険性と具体的な年末年始の相場の対策を紹介していきます!ぜひ最後までご覧ください。

FXの年末年始は危険が高い

年末年始は危険性の高い相場になっているので、初心者にはおすすめできません。

年内の利益を確定したい大口投資家が利益確定の注文を多く入るなど上下落が激しくなります。

具体的に年末年始のFXで起こる危険は以下の通りです。

  • FXが年末年始の値動きが荒い
  • 12月後半は大暴落もあり得る
  • FXはお正月に価格が上がりやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

FXは年末年始の値動きが荒い

FXは年末年始の動きが荒くなります。

年末はクリスマス休暇の前に利益を確定するトレーダーが増える一方で、年始はその年初めてのポジションを仕込む大口投資家が活発にうごくためです。

クリスマス前は利確ラッシュで価格が激しく下がり、年始は逆に激しく価格が高騰する可能性があるなど普段と違った大きな動きをするので、違う方向のポジションをかけていると危険です。

  • 【トレーダーの休暇】
  • 海外のトレーダーは、12月24~1月1日までの役1週間~二週間程度休暇に入る特性があります。
  • この時期は、利確による相場の旧下落が多くクリスマスを過ぎると値動きは一気に少なくなるのです。
  • そのためこの時期に負債をかかえると、年内に取り返すのはまず無理でしょう。

FXは12月後半は大暴落もあり得る

FXは12月後半は暴落が起きやすい状態に変化します。

クリスマス前にポジションを全て利確して、長期休暇に入る海外投資家が多いためです。

そろそろクリスマスだから、ポジションを全て畳んで休もう!今年のトレードは終わりだ!と年内のトレードを辞めるため売り注文が増え急落が増えやすくなります。

仮想通貨FXも年末年始は危険

過去に仮想通貨が大暴落したのも年末年始でした。

FXと同じく、年内に利益を確定したいトレーダーが多くいたためです。

FXに限らず、仮想通貨や株式投資など全てに当てはまりやすいので、注意しましょう。

FXはお正月に価格が上がりやすい

お正月はクリスマスや年末と違い、通貨の価格が高騰しやすい時期です。

その年初めてのポジションを注文する大口投資家が多いため、比較的通貨の価値が上がりやすい時期と言われています。

利確をせずに、売りのポジションを残していると価格変化で大損になる可能性があるので売りポジションがある場合はクリスマス前に手放しておきましょう。

FX取引の年末年始対策

主張ここまでは、年末年始のFX相場の特徴や危険性を紹介してきました。

ですが危険性を知るだけでは、問題を解決できません。

そこでここからは、具体的に年末年始はどのような対策をすればよいのか?

詳しく解説していきます。

クリスマス前にポジションを確定

クリスマス前にポジションの損益を確定してしまいましょう。

クリスマス前は利確するトレーダーや、休みに入るトレーダーが多いためせっかく出した利益が一気に飛んでしまう危険性が高いためです。

大切なのは大きな利益を出すことではなく、できるだけ多くの資金を残すことなのでリスクを減らすために注文を確定しましょう。

年末は買い注文を避ける

年末は価格が下がりやすいので、買い注文はおすすめできません。

買い注文をすると、クリスマスの時期に大きな損失になる可能性があるためです。

スキャルピングなどの短期取引であれば、影響はすくないですが、そうでない場合は買い注文を避けて売りメインの注文に絞ってしまうもおすすめです。

年始は売り注文を避ける

年始は売り注文を避けて、買い注文のポジションから入るようにしましょう。

年初めのポジションは買い注文が多いため、年始の海外トレーダーの動きに合わせて順張りでの買い注文がおすすめです。

また空売りが得意な方の場合は、この時期は思い切ってトレードを休んでしまうのも良いでしょう。

FX業者が休みの場合も

取引業者もクリスマス休暇や年始の連休で運営が休みになる場合がほとんどです。

業者によって、仕事納めや仕事始めの日付がちがうので、年末年始も取引をしたい場合は各FX業者の公式サイトなどを確認してみましょう。

年始は1月2日から、注文をいれるトレーダーも多いので、1月2日からトレードできる業者を利用するのがおすすめです。

まとめ

今回はFXの年末年始の相場の危険性について詳しく紹介してきました。

FXは年末は売り注文が多く、年始は買い注文が多いのが特徴です。

また休暇中のトレーダーが多いため、クリスマス以降は値動きが少なくなります。

相場の特性を理解して、含み損を増やさないようにしっかりと対策をしていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。