アイネット証券のループイフダン!性能や利益率も紹介

アイネット証券のループイフダンにつてお調べですか?

アイネット証券のループイフダンは、国内FXでは有名な自動売買ツールです。

自動売買を利用すると、自分の時間を消費せずにFXトレードを自動で続けることができます。

今回の記事ではアイネット証券のループイフダンに関して

  • アイネット証券のループイフダンの特徴
  • アイネット証券のループイフダンのデメリット
  • ループイフダンをうまく使うコツ

を紹介していきます。

この記事をよめばアイネット証券のループイフダンにかんする特徴だけでなく、利益率のあはる使い方もあわかるのでぜひ最後までご覧ください。

アイネット証券とは

アイネット証券とは、平成15年からサービスをスタートした国内FX業者です。

自動売買のシステムと、そのシステムの利益率の高さが、人気となっています。

項目 アイネット証券の基本情報
スプレッド幅(USD/JPY) 広い(0.7~1.0)
スワップポイント(USD/JPY) 高い(65)
自動売買 あり
ボーナス 無し

そんな、アイネット証券の展開する、ループイフダンとはどんな物なのでしょうか?

次に詳しく紹介していきます。

アイネット証券のループイフダンとは?

「ループイフダンってそもそも何なんだ」と分からない方のためにご紹介します。

そもそもループイフダンは、アイネット証券がサービスを展開している自動売買システムです。

自動売買とは

自動売買とは、為替相場の分析と注文・利確を自動でおこなってくれるシステムです。

ループイフダンは利回りも高く、年間で最大45%の利回りがでています。

まさに不労所得をえるには、理想のツールです。

アイネット証券のループイフダンの特徴

アイネット証券のループイフダンは、自動で取引して利益をくみ上げてくれるシステムということがわかりました。

では、ループイフダンには他にどのような特徴があるのでしょうか?

アイネット証券のループイフダンの特徴は以下の通りです。

  • スワップポイントが高い
  • ループイフダンの勝率
  • デモトレードもある
  • トルコリラなどイナーつうかも対応

スワップポイントが高い

ループイフダンは、スワップポイントも高く長期運用で安定的な利益がだせます。

スワップポイント

金利で利益を出すFXの仕組みのことで、金利によって利益はかわります。

  • 100万円で金利1%=年間1万円
  • 100万円で金利6%=年間6万円

具体的な通貨ペアごとのスワップポイントの差は以下の通りになります。

通貨ペア アイネット証券のスワップポイント
ドル円 65
豪ドル円 47
ポンド円 20
ユーロ円 -13

長期運用を考えるなら、アイネット証券はおすすめです。

ループイフダンの勝率は?

 

ループイフダンの勝率は、相場の状況とシステムによって違います。

複数のシステムのなかから、使うシステムを選んで運用するのがループイフダンです。

そのため、選んだシステムによって勝率は変化します。

勝率の高いツールを選ぶには、ドローダウン率の低いツールを選びましょう。

ドローダウン率

口座残高が最大で何パーセント減るか?の値。

100万円の資金で、ドローダウン率20%の場合

最大20万円の損が発生する場合があります。

ドローダウン率の低いシステムを選ぶことで、元金を傷つけずに利益を獲得しやすくなります。

デモトレードもある

ループイフダンは、デモトレードによる練習が可能。

実際と同じ手順で運用し、仮想のお金を使いながらループイフダンを使う練習ができます。

「自分のお金をシステムに預けるのが不安」というかたは、デモトレードから試してみましょう。

トルコリラなどマイナー通貨も対応

アイネット証券はトルコリラなどのマイナーな通貨にも対応しています。

トルコリラはスワップポイントが米ドルに迫る勢いで高く、長期運用がおすすめです。

長期運用に向いた、ツールだけでなく長期運用に向いた通貨にも対応しています。

<<ループイフダンの利用はこちら>>

アイネット証券のループイフダン・デメリット

アイネット証券のループイフダンは、利益率が高い自動売買ツールであることがわかりました。

ですが、ループイフダンにも弱点は存在します。

知っておくべきデメリットは以下の通りです。

  • スプレッド幅が広い
  • 約定率が悪い

ループイフダンは性能は高いものの、スプレッド幅は広めに設定されています。

なのでスキャルピングなどの短いスパンでの自動取引には弱いので注意しましょう。

またループイフダンの約定力は低いく、EU離脱などの大きな指標の際は注文が通らず大きな損害を出したユーザーもいます。

世界的に大きな指標の発表前は、ループイフダンを停止しておきましょう。

経済指標に関して知りたい方は、『経済指標一覧』の記事をご覧ください。

ループイフダン(自動売買)を使いこなすコツ

ではループイフダンをうまく使うコツを知りたいと思いませんか?

ループイフダンを使う際は3つのコツを紹介していきます。

  • 両建て運用する
  • レンジ相場の通貨を使う
  • 資金を分割する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ループイフダンのコツ1.両建て運用する

ループイフダンで慎重な取引をするなら、両建て運用がおすすめです。

両建てとは、買い注文と売り注文、両方を同じ通貨で行うこと。

両方の注文を行う事で、利益率は若干下がるものの、大きな損を抱える可能性は大幅に減らすことができます。

ループイフダンのコツ2.レンジ相場の通貨を使う

レンジ相場の通貨でループイフダンを使用すると利益率が上げやすくなります。

ループイフダンは、売りと買いを交互に繰り返しながら、利益をあげるシステムです。

上昇と下降をパターン化して繰り返すレンジ相場は、ループイフダンと相性のよいので覚えておきましょう。

ループイフダンのコツ3.資金を分割する

ループイフダンを使用する場合は、取引資金を全て入金せずに分割で管理しましょう。

自動売買は、利益率が高くても大きな経済指標の場合は、口座残高が大きく減る場合もあります。

資金が尽きて相場から退場しないためにも、100万円の資金を2つに分けて50万円をループイフダンで運用し残りは別口座にとっておくなど、資金を分けておくのが大切です。

まとめ

アイネット証券のループイフダンについて紹介してきました。

ループイフダンは、長期的に運用することで利益を出せるおすすめのサービスです。

「FXをしたいけど時間がない」「FXの勉強する暇がない」というかぜひ利用して資産運用を自動化しましょう。

<<ループイフダンの利用はこちら>>

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。