ネットで稼ぐ方法!Airbnbで不動産を貸して稼ぐ方法

Airbnbは民泊物件のみを集めて仲介をしているサービス

不労所得に近い状態でお金を稼ぎ出す方法の中には、不動産投資というジャンルがあり、国内でも人気が急上昇しています。以前はお金持ちの方がアパートやマンションを建設して不動産投資を行っていることが多かった時代背景がありますが、現在ではこの分野でも普通のサラリーマンの方が投資を行うことも珍しくは無くなっています。

不動産投資の方法は持ち家を賃貸住宅として貸し出す方法と、物件を購入して貸し出す方法に分かれますが、住宅の状態や環境、立地条件によっては入居者がなかなか集まらないというリスクが生じることはあり得ます。

現在では不動産投資において新ジャンルとも取れる方法があり、民泊で物件を貸し出す方法が注目されています。民泊は一定の条件があるものの、普通の戸建て住宅やアパート、マンションの1室からでも問題なく始められます。

主に旅行者向けに貸し出すことが前提になり、地域によっては海外からの旅行者の間で非常に人気が高い物件です。既に使用していない戸建て住宅やアパート、マンションをお持ちの方であれば、そのまま民泊用にして貸し出すことができますが、通常は普通の不動産会社に入居者募集を行ってもらっても人を集めることは非常に困難です。そこで登場したサービスがあり、Airbnbはあまりに有名です。

Airbnbで民泊物件として貸し出すのは利回りとしても良い

この運営会社は民泊物件のみを集めて仲介をしているサービスで、ウェブサイト上で運営をしています。世界的に有名なサイトなので民泊を希望する海外からの旅行者や国内の旅行者でも、いつでもAirbnbから希望条件にマッチした物件を探すことが行われています。空き家があれば積極的に活用することで不労所得を得ることができますが、所有住宅が無いという方でも敢えて住宅ローンを組んで運用することも決して不可能ではありません。

一般的な方が投資物件を購入する際には、資産次第になるので潤沢な資金を有していれば、頭金に入れて住宅ローンを組むと、賃料で返済をスムーズに行うことができます。資産が少ないという方は、売却物件を中古で探す方法が最も手軽です。地域により違いはありますが、1棟丸ごと中古アパートを販売していることも多く、販売価格は1,000万円台からでも探せます。

マンションでも中古住宅は全国的に多数販売されており、1室単位で購入できる便利さを感じられます。中古物件のマンションはもちろん建物により大きく差が生じますが、1,000万円以下の物件、逆に1,500万円以上の物件などもあり、資産次第になるものの購入希望の住宅に対して、月額いくらで貸し出せるのかを前もって調査をすることで失敗は防げます。

最初はコストは掛かることは仕方のないことです。コストの中には頭金やリフォーム代などが該当しており、その金額も持ち家や購入物件の状態次第で変わります。失敗せずに不動産を貸して稼ぐには、多くの方が最初に不安を感じることがあり、利用者が現れるのかどうかの問題です。

Airbnbはサイト上に便利な機能を持たせていて、物件の地域を入力し、間取りと利用可能な人数等を指定すると月額や賃料の目安が表示されます。この機能を活用して利用料金を決めると、自然と将来的なプランを立てやすくなり、同時に失敗を防げます。

Airbnbの登録料は完全無料

持ち家を貸し出す場合でも、新規に住宅を取得して貸し出す場合でも、ネットで稼ぐことに限定をして不労所得を狙うには、Airbnbへの登録は欠かせないのではないでしょうか。最大級の規模の民泊サイトなので利用者数の実績がかなり豊富なことが特徴です。物件の準備が整った際には、写真撮影を行って物件の登録作業を行うことが必要ですが、登録料は完全無料なこともメリットになります。

Airbnbでの広告費や宣伝費用などは完全無料

何軒も登録しても広告費や宣伝費用などはゼロ円で済ませられるので、後は利用者を待つだけです。利用希望者が現れた場合、自動的に通知を受けることができ、契約を済ませられたら賃料から3%だけをAirbnbが徴収する方法です。このプランであれば運営後の現金での出費は殆ど無く、敢えて言えば経年劣化によるリフォーム代金や設備機器の交換程度です。海外からの旅行者に貸し出すことに不安を感じる方もいますが、利用者の情報は全てAirbnb側で認証しており、万が一の破損や盗難被害等が起きても保証制度を設けているので非常に安心です。

Airbnbでは月に50万以上の稼ぎを狙えます!

不動産を貸して稼ぐには、最初は1軒だけで運営をしても後に物件を増やしていくことが最適です。不労所得を狙うには、月に50万円以上の稼ぎを期待することも間違いではありません。コストは掛かるものですがその分リターンが大きな投資なので、物件を購入して住宅ローンを利用している方は、1軒ずつの返済の目途が立った時点で買い足しを積み重ねていく手段で稼ぎを大きくできます。民泊に向いている住宅は範囲が広く、通常の賃貸では利用者が現れないような物件でもニーズは高い傾向にあるので、新しい不動産活用方法としては優れた効果を発揮します。

民泊できる地域が限られている

用途地域というものがあり、「用途地域」とは 旅館業や特区民泊の営業許可を取得するためには、旅館業や民泊の営業が出来る地域であることが必要です。例えば住宅街に工場を建てたり、学校の隣にパチンコ店を建てられると安心して暮らすことができません。用途地域(ようとちいき)は、用途や使用目的が違う建物が同一地域に混在しないように地域ごとに合理的な立地規制、用途規制をしようとするものとなります。

京都市の一例

京都市ではかなりシビアなルール案を出しており不動産業界の中では衝撃の内容となっているようです。しかし市としては住宅地区を保護すべく取った策なので、地域住民の観点からすれば、とても纏められている内容と思われます。

京都市がまとめた独自の民泊ルール案

・緊急時や苦情への対応で約10分で駆けつけられるよう、施設の半径800m内に管理者駐在
・分譲マンションでは管理組合が民泊営業を禁止していないことを確認できる書類を提出
・届け出前に自治会や周辺住民に事業計画を事前説明
・住居専用地域の営業を1、2月に限定。京町家は例外

特に住居専用地域の営業を1、2月に限定。京町家は例外についてはそうせざるを得ない状況だと思います。

引用ここから

住宅宿泊事業法(民泊新法)とは?

住宅宿泊事業法は、急速に増加するいわゆる民泊について、安全面・衛生面の確保がなされていないこと、騒音やゴミ出しなどによる近隣トラブルが社会問題となっていること、観光旅客の宿泊ニーズが多様化していることなどに対応するため、一定のルールを定め、健全な民泊サービスの普及を図るものとして、新たに制定された法律で、平成29年6月に成立しました。

民泊新法の対象は3種類の事業者

民泊新法では、制度の一体的かつ円滑な執行を確保するため、「住宅宿泊事業者」「住宅宿泊管理業者」「住宅宿泊仲介業者」という3つのプレーヤーが位置付けられており、それぞれに対して役割や義務等が決められています。

  • ・「住宅宿泊事業者」
  •   ⇒ 住宅宿泊事業法第3条第1項の届出をして、住宅宿泊事業を営む者
  • ・「住宅宿泊管理業者」
  •   ⇒ 住宅宿泊事業法第22条第1項の登録を受けて、住宅宿泊管理業を営む者
  • ・「住宅宿泊仲介業者」
  •   ⇒ 住宅宿泊事業法第46条第1項の登録を受けて、住宅宿泊仲介業を営む者

各事業者に係る制度の概要

1.住宅宿泊事業者に係る制度の創設

[1] 住宅宿泊事業を行おうとする者は、都道府県知事等(※1)への届出が必要
年間提供日数の上限は180日(泊)とし、地域の実情を反映する仕組み(※2)の創設
(※1)都道府県知事に代わり、保健所設置市の長(政令市、中核市等)、特別区の長(東京23区)が届出の受理・監督・条例制定事務を処理できることとする
(※2)条例による住宅宿泊事業の実施の制限

[2] 家主居住型の場合は、住宅宿泊事業者に対し、住宅宿泊事業の適正な遂行のための措置(※3)を義務付け
(※3)衛生確保措置、宿泊者に対する騒音防止のための説明、近隣からの苦情への対応、宿泊者名簿の作成・備付け、標識の掲示等

[3] 家主不在型の場合は、住宅宿泊事業者に対し、上記措置(標識の掲示は除く)を住宅宿泊管理業者に委託することを義務付け

[4] 都道府県知事等は、住宅宿泊事業者に係る監督を実施

2.住宅宿泊管理業者に係る制度の創設

[1] 住宅宿泊管理業を営もうとする者は、国土交通大臣の登録が必要

[2] 住宅宿泊管理業者に対し、住宅宿泊事業の適正な遂行のための措置(※1)の代行と住宅宿泊管理業の適正な遂行のための措置(※2)を義務付け
(※1)衛生確保措置、宿泊者に対する騒音防止のための説明、近隣からの苦情への対応、宿泊者名簿の作成・備付け等
(※2)管理受託契約の内容の説明、契約書面の交付等

[3] 国土交通大臣は、住宅宿泊管理業者に係る監督を実施

[4] 都道府県知事等は、住宅宿泊管理業者が代行する「住宅宿泊事業の適正な遂行のための措置」に係る監督を実施

3.住宅宿泊仲介業者に係る制度の創設

[1] 住宅宿泊仲介業を営もうとする者は観光庁長官の登録が必要

[2] 住宅宿泊仲介業者に対し、住宅宿泊仲介業の適正な遂行のための措置(※)を義務付け
(※)宿泊者への契約内容の説明等

[3] 観光庁長官は、住宅宿泊仲介業者に係る監督を実施

住宅の定義等

宿泊営業の実施に当たっては、原則、旅館業法に基づく許可が必要となりますが、住宅宿泊事業法第3条第1項の届出をした者は、旅館業法第3条第1項の規定にかかわらず、住宅宿泊事業を営むことができます。「住宅宿泊事業」とは、旅館業法第3条の2第1項に規定する営業者以外の者が宿泊料を受けて届出住宅に人を宿泊させる事業であって、人を宿泊させる日数が180日を超えないものとされています。
また、「住宅」とは次に掲げる設備要件と居住要件を満たしている必要があります。

○ 設備要件
「台所」「浴室」「便所」「洗面設備」

○ 居住要件
「現に人の生活の本拠として使用されている家屋」
「入居者の募集が行われている家屋」
「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」

なお、人を宿泊させる日数として国土交通省令・厚生労働省令で定める180日の算定方法は以下のとおりとなり、届出住宅ごとに算定します。

  • 1年間  = 毎年4月1日正午から翌年4月1日正午まで
  • 1日   = 正午から翌日の正午まで

引用ここまで 引用元:http://www.mlit.go.jp/kankocho/minpaku/overview/minpaku/law1.html

御覧の様に様々な条件などが関わってくるので民宿運営目的での物件購入の前は必ず調査することが非常に重要となります。

ネットで稼ぐ方法!Airbnbで不動産を貸して稼ぐ方法まとめ

Airbnbを利用する最大のメリットは普通の賃貸より利回りが良い事です。登録や広告も無料なのでデメリットも非常に少なく手数料は賃料の3%のみ!

これは利用者とのWIN,WINの関係が築く事が可能です。

ただし民泊には住宅宿泊事業法(民泊新法)という厳しい法律が設定されましたので、運用される際は専門家に相談しながら進めたほうが得策でしょう。

特に近隣住民とのトラブルの場合は民事訴訟にもなりかねませんので慎重に行動する事が必要です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。