FXで借金を負った時の対象方法

FXで借金を追ってしまった時の対処法をお探しですか?

国内FXは制度上、口座残高以上の負債を抱えた場合は、返済が必要です。

ですが、借金となると生活への負担も大きく、なんとか減額したいという方もいるでしょう。

そこで、今回の記事では、「FXで少額の借金を負った時の対処法」「FXで多額の借金を負った時の対処法」「借金を減額する方法」などを紹介していきます。

FXで多額の借金を負った場合でも、冷静に対処法すれば、減額できるので、ぜひ最後までご覧ください。

FXで少額の借金を負った時の対処法

FXで数万から数十万円程度の、少額の借金がFXでできた場合につかえる対処法を紹介します。

少額の借金の場合は、具体的な対処法は以下の通りです。

  • 少額の借金の対処法1.財産の処分
  • 少額の借金の対処法2.低利息で借入
  • 少額の借金の対処法3.家族の援助

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

少額の借金の対象方法1.財産の処分

自分の持っている物を売却して、返済にあてる方法です。

ブランドのバックや時計または、家具・家電など、高額で買い取って貰える物を、買い取って貰うことで借金返済の資金にすることができます。

生活に支障が無い程度で、物を売却して、借金の返済に当てましょう。

貴金属・ブランド物・新品に近い家電製品などは、高額買取してもらえる可能性が高くあります。

また生活に支障が無い場合は、車なども売却すれば大きな返済資金になるでしょう。

少額の借金の対処法2.低利息での借入

低利息で借入をして、借金を返済すれば実施分割払いにすることが可能です。

低利息の金融機関で借入をして、FXの借金を一括返済し、その後借り入れた金額を分割払いするという手順です。

低利息での借入での返済は、以下のようなイメージになります。

FXで50万円の借金がある場合

  1. 借り入れサービスで50万円借り入れ
  2. 借りた50万円でFXの借金を一括返済
  3. 借り入れサービスに対して、分割払いで返済していく

注意点としては、金額によっては借入れできない場合もあるので、借入が不可能な場合他の方法を試しましょう。

少額の借金の対処法3.家族・友人の援助

家族の援助を受け取るのは、少額の借金の場合有効な手段の1つです。

生活に支障が無い程度の額を、家族または友人から借り入れれば、少額の借金の場合返済は可能。

注意点としては、返済プランなどはしっかりと組むことが大切になります。

必要であれば、家族間であっても借りたお金の返済をする、誓約書を書くなど、後から人間関係を崩さないように十分な対処を行いましょう。

FXで多額の借金を負った時の対処法

FXで数百万円以上の大きな借金をした場合は、少額の借金とは違った対処が必要です。

法的な措置を取ることで、借金を減額または無くすことができます。

FXで多額の借金を負った場合の、対処法は以下の通りです。

  • 多額の借金の対処法1.任意整理
  • 多額の借金の対処法2.個人再生
  • 多額の借金の対処法3.自己破産

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

多額の借金の対処法1.任意整理

任意整理は、返済を一括ではなく、分割払いに変更できる交渉方法です。

  • 借金を分割払いに出来る
  • 返済金額は変わらない
  • 返済期間は最大で5年

通常国内FXで、借金を負った場合は、一括返済しなくてはいけません。

ですが、任意整理をすれば最大で5年間ほどの、分割払いに変更できる可能性があります。

任意整理は裁判ではなく、FX業者との話し合いで行う交渉なので、経費を抑えることが可能です。

注意点としては、あくまで交渉なので、交渉で決まった内容でしっかりと、合意を取る事や認識のズレが無いように心掛けましょう。

多額の借金の対処法2.個人再生

個人再生は、借金の金額を減額してもらえる制度。

  • 借金を80%程減額できる(20%の支払いで済む)
  • 返済期間は3年になる
  • 持ち物や家は取られない

裁判所で話し合った後、借金した金額の1部分のみを3年間で返す、という処分に軽減できます。

具体的なイメージは、500万円の借金の場合支払い金額が100万円で良いなど、支払う金額を大幅に減らすことが可能です。

また、個人再生の場合は、持っている車や家などを強制的に没収される心配は無いので、完全な破産と違い、リスクは低くなっています。

多額の借金の対処法3.自己破産

最も借金の金額が多く、返済が完全に不可能な場合に、行う処理です。

  • 借金を0円にできる
  • 財産や貯金などを没収
  • 土地や家そして車など売却できる物は強制没収
  • 就職に制限がつく

借金した金額の全て返済不要、つまり借金が0円にすることができます。

しかし、自己破産した場合は、財産は強制的に差し押さえら売却されてしまうというリスクもあります。

また自己破産した後に、転職する場合は、一部の職業に就職できない制限がかかる場合もあるので注意が必要です。

まとめ

今回の記事では、FXで借金を負った場合の、対象方法を紹介してきました。

投資での借金は、冷静な売却又は法的な対処をすれば、減額可能です。

制度を理解して、しっかりとした対応を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。