仮想通貨ファクトム(Factom/FCT)とは

仮想通貨のファクトムは2015年にアメリカで発表

仮想通貨のファクトムは2015年にアメリカで発表、公開されたもので、データ管理用プラットフォームと位置づけられているのが特徴です。
投資対象というよりは、ドキュメントを始めとしたデータ管理の目的が強く、基本的なきのうもまたデータ管理を中心としています。
特筆すべきポイントはデータの存在証明で、特定の日時に間違いなくデータが存在していたことを証明できるのが強みです。

仮想通貨としてはいわゆるビットコイン2.0の分類で、基本的な設計はビットコインに共通するブロックチェーン技術です。
仮想通貨、ブロックチェーンの応用を模索する銘柄は少なくないですが、ファクトムもその1つだといえるでしょう。
通貨単位はFCTで、これは2014年にプロジェクトが発足してから現在に至るまで使われ続けています。

つまり、これまでにハードフォークのような大幅な変化は経験しておらず、安定した通貨と評価されます。
個人を代表とする仮想通貨は珍しくないですが、ファクトムはアメリカテキサス州の企業がプロジェクトを立ち上げ、そして開発を行っています。
仮想通貨を公開した以降は、次々と注目が集まり評価も上がり、2017年には大規模な資金調達で再び話題を呼びました。
金額は日本円で9億円弱ですから、兎に角金額だけでもインパクトが大きかったといえます。

この資金調達は大成功を収め、アウトレット販売で有名なOverstockが出資したことでも話題となりました。
ちなみに、開発と運用や通貨発行に至るまで、全てプロジェクトチームが取り仕切っています。
企業が設計開発や運用を行っているといっても、中央集権化を避けることはできませんし、そこがデメリットの1つでもあります。

仮想通貨のファクトムはマイニングできない仕様

多くの人にとって影響すると思われるデメリットは、仮想通貨でお馴染みのマイニングができないことです。
だからこそ投資にはやや不向きで、非中央集権のメリットに期待できないことを意味します。
しかし、元々の目的でもあるドキュメントの管理においては、ブロックチェーンでデータを扱うメリットが発揮されます。
失ったり改ざんされるリスクがなくなりますから、契約書などの重要書類を保管するのに最適です。
盗難や漏えいの心配もないので、そういうドキュメントを厳格に管理したい人にとって朗報でしょう。

仮想通貨のファクトムはビルゲイツ財団の出資を受けている信頼性

中央集権による権利濫用が少なからず懸念されていますが、一方ではあのビルゲイツ財団の出資を受けている信頼性もあります。
約8億円規模の資金協力ですから、それだけビルゲイツ財団が将来性に期待したり、可能性を見出していると考えられます。
また、ファクトムには独自の機能が存在しており、付加価値として注目を集めています。

ファクトムハーモニーは住宅ローンを管理する機能で、やはりブロックチェーンで手軽かつ厳重に管理されるものです。
契約とそれに関する取引の内容を、ブロックチェーンを使うことで手間を省きつつ、性格に記録されるのが魅力です。
毎年新たに5兆ものページが増加しているので、既に多くの人達が活用していることが分かります。

手間だけでなく時間的なコスト削減効果も決して小さくありませんから、今後更に普及していけば、社会全体の効率化に繋がるでしょう。
もう1つの機能のdLocは、従来のバーコードやQRコードを認識することで、重要な書類をピックアップできる仕組みです。
ドキュメントが増えて膨大になると、管理するだけでも一苦労ですが、そこから探すとなるとまた大変です。

ところが、dLocを使えばコードを読み取るだけなので、探す手間が大幅に削減できます。
顧客の多い事業所や、管理情報が膨大で複雑化しやすい医療施設など、使えることで非常に助かる現場は少なくないはずです。
ファクトムはビットコインがベースですから、セキュリティの強固さはオリジナル譲りですし、それでいて拡張レイヤーを使っているのでデータ処理は軽いです。
このように、個人よりも企業向けの仮想通貨ですが、多くの企業に将来性が期待されていたり、記録管理全般で効率化が実現する可能性を秘めているのは確かです。

仮想通貨のファクトム(Factom/FCT)はコインチェックで取引可能!

日本ではコインチェックがFCTを取り扱っていて、初心者でも購入しやすく、他の通貨とのやり取りも簡単です。
専用アプリの提供を行っているので、何時でも快適にアカウントのチェックや取引ができますし、何よりNo1のダウンロード実績を誇るので安心です。
土日祝日も関係なく、24時間365日の取引対応で、しかも500円と手頃な金額で仮想通貨を買えるのがポイントです。

日本を代表する正規の仮想通貨取引所ですから、ハッキングや不正取引対策が厳しく、安心して通貨を購入したり預けられます。
そのコインチェックが取り扱うこの仮想通貨もまた、信頼性が高く購入や保有の価値があると考えられるでしょう。
コインチェックなら、2段階認証ありで第三者の不正アクセスを許しませんし、コールドウォレットで資産が管理されるので心配は無用となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。