FX口座開設の条件は?開設条件と詳しい手順を解説!

FXの詳しい口座開設の方法をご存知ですか?

『口座開設の方法が知りたい』

『口座開設できる条件を教えて欲しい』

そんな方に向けて、今回はFXの口座開設に関する「口座開設の条件」を紹介!

記事の後半では、「口座開設の詳しい手順」を徹底解説していきます!

この記事で分かること

  • FXの口座開設できる条件
  • 口座開設に必要な物
  • FXの口座開設する手順
  • おすすめの海外FX業者

この記事をよめば、口座開設が出来る方法が簡単にわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

FX口座開設の条件

口座開設には、一定以上の条件があります。

FX業者が口座開設できる条件を、設定しているためです。

実際に口座開設する際の、条件は以下の通りです。

  • 20際以上の国内在住者
  • 契約事項に同意しているか
  • 過去に同じFX業者で口座開設していない
  • 本人自身が口座開設の申請をしている
  • 資金に余裕はあるか

ポイント1.20歳以上の国内在住者

投資用の口座開設は、20歳以上でおこなうことをおすすめします。

FX業者の多くが、口座開設できる年齢制限を20歳以上に設定しているためです。

年齢に達していなければ、例え十分な資産を持っていても口座開設できないので注意しましょう。

ポイント2.契約事項に同意しているか

口座開設をする際に、利用契約に同意しなければ口座開設はできません。

FX業者は、取引に対して一定のルールを設けている場合があり、そのルールに同意できなければ口座開設できないのです。

ポイント3.過去に同じFX業者で口座開設していない

過去に同じFX口座で口座開設していると、口座開設出来ない場合があります。

例えばあなたが、A社のFX口座を持っている場合、A社でもう一つ口座開設することが出来ない場合があると言う意味です。

※FX業者の中には、複数の口座開設ができるFX業者もあるので、口座開設する際は各FX業者の公式サイトをみてみましょう。

ポイント4.本人自身が口座開設の申請をしている

FX口座の開設は自分自身で行う必要があります。

他人の名義などでの登録や、代行での登録は原則してはいけません。

仮にに他人の名前で、口座開設してしまうと利益の出金も同じ名前の名義の口座にしか利益を出金できないため、自分自身が利益をえられなくなってしまうので注意しましょう。

FXの口座開設は、自分自身が自分の名義で登録しなくてはいけません。

ポイント5.資金に余裕はあるか

FXの口座開設には、余裕のある資金を用意しておきましょう。

この条件にかんしては、基礎や法律ではなく、自主的に気を付けるべきことです。

理由は、FXの取引に使用する資金は、トレードで負け続けていると、全額消失する可能性があります。

生活費がギリギリにもかかわらず、投資に回すなどの行為は危険です。

FXは取引口座に○○万円ないと運用できないなどの、資金の制限はありません。

なので無理をせずに、全額失っても生活に問題のない金額にとどめておきましょう。

FX口座開設に必要な物

ここまでは、口座開設できる条件を紹介してきました。

では実際に口座開設するのに、必要な物は何なのでしょうか?

口座開設に必要な3つあり、それぞれ以下の通りです。

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • メールアドレス

運転免許証マイナンバーカードは、登録した人が本当に本人かどうか確かめるために必要です。

登録する際は、運転免許証とマイナンバーカードの写真撮影し、データ提出する必要があります。

メールアドレスに関しては、登録する際の登録確認メールなどを確認する際に必要です。

仮に自分のメールアドレスが無い場合は、無料のGメールなどでもよいので作っておきましょう。

免許証が無い人は?

免許証が無い場合でも、本人確認はできます。

ですが、各FX業者によって免許証が無い場合の必要な書類は異なります。

詳しくは、各FX業者の公式サイトをチェックしてみましょう。

FX口座開設の3つのステップ

FXの口座開設は、以下の3つのステップで行うことができます。

  • FX口座開設のステップ1.口座開設の申請
  • FX口座開設のステップ2.必要な書類を提出
  • FX口座開設のステップ3.取引資金の入金

FX口座開設のステップ1.口座開設の申請

口座開設の申請を行いましょう。

まずは、各FX業者の公式サイトにアクセスして口座開設を選択します。

口座開設を選択したら、必要事項を入力していきましょう。

FXの口座開設をする際に、入力する主な情報は以下の通りです。

  • 名前:フルネーム
  • 住所:国内業者は日本語・海外業者は英語で入力
  • 生年月日:生まれた年と月そして日付を入力
  • 投資初の経験:ある場合は、経験した投資の種類を選択
  • 投資に使う資金の金額:大まかな取引資金を入力
  • 職業:おおまかな職業を入力
  • 年収:自分の年収を入力

口座開設する際に、「この項目は分からないな」という点があったら事前に調べておきましょう。

FX口座開設のステップ2.必要な書類を提出

口座開設の申請が終わると、次は必要な書類を提出する必要があります。

必要な書類は下記の通りです。

  • 運転免許証の表面と裏面の写真
  • マイナンバーカードの表面の写真

写真にかんしては、パソコンまたはスマートフォンからアップロードが必要です。

口座開設後に、書類の写真をアップロードしましょう。

FX口座開設のステップ3.取引資金の入金

口座開設の申請と書類の提出が終わったら、最後に資金を入金しましょう。

資金を入金する先は、各FX業者のマイペースにログインすることで確認できます。

送金先又は入金先という項目を探して、その銀行口座に資金を入金してください。

入金は銀行送金やクレジットカードなどが、利用可能です。

入金する資金額

入金する資金は3~5万円程がおすすめです。

投資のポジションは初心者の場合、1~5%が良いとされています。

FXは1000円からの取引が主流なので、1000円が5%以内に収まる

3~5万円を取引資金にするのがおすすめです。

おすすめのFX口座は?初心者でも安心の業者3選

ここまでは、口座開設の詳しい手順などを紹介してきました。

ですが、口座開設の方法を知ったら『実際に利用するのはどのFX業者が良いの?』と疑問を持つ方もいるでしょう。

そこでここからは、ケース別におすすめのFX業者3つを紹介!

初心者にもおすすめのFX業者は以下の通りです。

  • 国内FX業者お選ぶならGMO
  • スプレッド幅で選ぶならSBI
  • ボーナス制度を活用するならXM

国内FX業者お選ぶならGMO

国内FX業者を選ぶならGMOがおすすめです。

GMOは、サポート体制が手厚く初心者向けの、マニュアルなども整備されています。

また、スマートフォンから取引できるアプリなども充実しているのでパソコンがない方でも気軽にFXを始めることができますよ。

<<GMOFXの口座開設はこちら>>

スプレッド幅で選ぶならSBI

狭いスプレッド幅を求めるなら、SBI FXがおすすめです。

ドル円のスプレッド幅は0.17~と国内FX業者では最高水準のサービスを展開しています。

またSBI FXは、注文を4円から行うことができるので、少額のトレードで、何度も実戦経験を

積みたい方にもおすすめです。

<<SBI FXの口座開設はこちら>>

※SBI FXに関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ボーナス制度を活用するならXM

ボーナスは、会社のボーナスではなく、FXのボーナスのことです。

FXのボーナスとは

口座開設や入金をした際に、取引に使える資金がFX業者から追加で貰えるサービスのことです。

XMを利用すれば、取引資をボーナスで増やすことができます。

またXMは有名投資家の多くが使っているFX業者で、信頼性も抜群です。

<<XMの口座開設はこちら>>

※XMに関して、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

今回はFXの口座開設できる条件や、詳しい口座開設の手順を紹介してきました。

FXの口座開設には、運転免許証やマイナンバーカードそしてメールアドレスが必要です

必要な物をしっかりと準備して、口座開設を行いましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。