FXのスイングトレードとは?詳しい分析やエントリー手順も紹介

FXのスイングトレードとは何かご存知ですか?

スイングトレードは1日~1週間程ポジションを持つことで利益を出す手法です。

スイングトレードを身に着けると、トレンドに乗った勝率の高いトレードができます。

『FXのスイングトレードについてしりたい』

『スイングトレードの詳しいやり方が知りたい』

そんな方に向けて今回は

  • スイングトレードとな何か?
  • どの様に行えばよいのか?

を詳しくご紹介していきます。

この記事を読めば実戦的なスイングトレードのやり方がわかるで、ぜひ最後までご覧ください。

FXのスイングトレードとは?

スイングトレードは、1日~一週間程度の間ポジションを持ち続けて利益を出す手法のことです。

FXでのスイングトレードは、トレンドの流れを分析しやすく、落ち着いたトレードができます。

理由は、時間をかけてゆっくり分析ができるからです。

スイングトレードはスキャルピングなどの短期トレードと違い、一分一秒を争うトレードではありません。

一日単位の大きな動きに乗るので、時間に焦らされることなく、マイペースに取引できます。

FXのスイングトレードのメリット

FXのスイングトレードは、下記の3つのメリットがあります。

  • トレンドに乗りやすい
  • 落ち着いて分析できる
  • 他の金融取引にも応用可能

トレンドに乗りやすいのはメリットの1つ。大きな動きは、長期チャートを見るだけで方向性がわかるので予測がしやすいのが特徴です。

そして中期的な取引のため、1分1秒など焦ることなく落ち着いトレード可能。じっくり考えて「この方向で利益を狙おう!」とマイペースに決めることができます。

そして、スイングトレードはFXだけでなく、株取引や仮想通貨FXにも利用できる汎用性の高い手法です。様々な取引を経験したいという方は身につけて損はありません。

FXのスイングトレードのデメリット

スイングトレードは様々な投資に役立つ手法ですが、デメリットも存在します。

FXの手法であるスイングトレードに関して、知っておくべきデメリットは以下の通りです。

  • 睡眠中もポジションが動く
  • 高レバレッジは危険

スイングトレードは今日注文したポジションを、1週間先で利確を行うこともある中期的な手法

そのため寝ている間もポジションが動くのでその間に損が発生する場合もあります。

スイングトレードは慣れないうちは、ポジションが気になって眠れない・・などの自体にならないように少額のポジションに制限しましょう。

そしてもちろん、高レバレッジも危険で、高いレバレッジのまま取引していてもし寝ている間にに大暴落すれば対象できません。

少額で、少ないレバレッジに制限してコツコツトレードするのが大切です。

レバレッジに関して知りたい方は、『レバレッジとは?』の記事をご覧ください。

スイングトレードがおすすめな人

スイングトレードのメリットとデメリットを基に、おすすめな人の条件を、まとめると以下の通りです。

  • トレードの知識がある程度ある人
  • 中期の取引に挑戦したい方
  • 欲張らずに慎重にトレードできる方

スイングトレードは、取引の際にトレンドを読んで取引する必要があるのでFXの基礎知識は必要です。

基礎知識がないと、チャートの分析が正しくできずトレンドを予測することができません。

なのでチャートの読み方などは、事前に覚えておきましょう。

そして中期的な取引に、欲張らずに挑戦したい!そうおもえる方に最適な手法です。

低いレバレッジで慎重に行うのがスイングトレードなので、慎重にトレードしたい方にはとても相性がよい方法といえます。

スイングトレードのおすすめ手法

 

ではここからは、実際にスイングトレードを行う際の具体的な手法と手順も紹介していきます。

スイングトレードを行う際におすすめの手順は以下の通りです。

  • スイングトレードの手順1.1日~1週間のトレンドを分析
  • スイングトレードの手順2.トレンドラインを基に注文
  • スイングトレードの手順3.ポジションは持ち続ける

早速見ていきましょう。

スイングトレードの手順1.1日~1週間のトレンドを分析

スイングトレードで大切なのは、トレンドを分析することです。

売りが有利なのか?買いが有利なのか?をしっかりと分析してください。

具体的な方向性は、1日~一週間の動きを見ることでトレンドが分析できるので、方向性に合わせたエントリーを行えば波に乗るようにスムーズに利益をだすことができます。

価格が上がっている場合:買いが有利

価格が全体的に上昇傾向の場合は、上昇トレンドなので買い注文が有利です。買い注文でエントリーするように心掛けてください。

価格が下がっている場合:売りが有利

価格が下落傾向の場合は、下降トレンドです。売り注文が有利なので、タイミングを見極め得て売り注文でエントリーすることにしましょう。

スイングトレードの手順2.トレンドラインを基に注文・利確

スイングトレードで重要なトレンドラインを引きましょう。

トレンドラインとは

値動きの予想ができる、特殊な直線の弾き方のことです。

直近の高値から次の高値を繋いだ、トップラインと、安値通しを繋いだアンダーラインがあります。

トレンドラインを引いき、トップに来たら売りを行いアンダーラインにきたら買い注文を行い利確しましょう。

スイングトレードは、ポジションを持つ期間は長い物の、売り買いを繰り返すというFX特有の運用方法は変わりません。

<買い注文の場合>

安値を繋ぐラインに触れたら買い注文

<売り注文の場合>

高値を繋ぐラインに触れたら売り注文

※スイングトレードでは、持っているポジションを全て売却してはいけません。詳しくは、次の見出しをご覧ください。

スイングトレードの手順3.ポジションは持ち続ける

ポジションはすべて売り切ることなく、常に持ち続けるのがスイングトレードの特徴です。

ポジションをもっておくことで、次のチャンスが来た際に、最大限の利益をえるチャンスになります。

『あの時買っておけばよかった』と思うことはありませんか?買っておいたポジションを残すことで、次のエントリーチャンスに再活用しましょう。

まとめ

今回はFXでのスイングトレードとは何なのか?どのように行うのかを紹介しました。

スイングトレードは、中期的に運用することで利益を出せるFXの手法の1つです。

テクニカルとトレンド分析を用いることで、波乗りのように利益を積み上げることができます。

スイングトレードをFXに生かして、よいトレードライフを送りましょう。

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。