ネットで稼ぐ方法!為替(FX)

ネットで稼ぐ時に大きな収入を得たいならば為替(FX)がお勧め

時間をかけてコツコツとこなしていくものと比べて、上手くやれば儲かる確率が高く、その額も大きくなる可能性があります。短期間でまとまった儲けを得たいならば検討した方が良いでしょう。

為替とは、異なる通貨を交換する時に生じる価値の差を利用するものです。世界で流通している通貨は、一定ではありません。その国の事情や今後の動向から通貨が売買されて、その価値は変動します。

取引が行われるときの通貨価値で支払いが行われるため、安価の時に大量に購入し、高騰した時に売れば大きな利益になります。

スワップポイントで毎日金利を受け取ることが可能

二国間の通貨の金利差をスワップポイントと呼びます。

交換を意味するスワップとその差をポイントから生まれた言葉で為替取引では重要な言葉です。このスワップポイント受け取りによって、利益を生み出すことが為替(FX)で儲けるということです。

金利差は、刻一刻と変わっています。その流れに乗ることができれば、確実に稼ぐことが可能です。これから上がると思われる通貨をそれよりも金利が高い通貨で買い上げます。つまり通貨を安く買い取るということです。

そして購入した通貨が高値になることを待ちます。このような取引にはリスクがつきものです。特に理想とは逆の取引をしてしまうと、元本割れとなって損をすることになります。

口座に納めている金額よりも下がり幅の方が大きい状況で、その金額を維持できなくなった時がやめ時です。特にレバレッジをかけているとちょっとした動きが強く影響して元本が減少するので、注意が必要です。

レバレッジ取引とは

為替の世界では、少額の資金で大きな金額を取り扱うことが可能なレバレッジ取引とは、てこのようなもので小さな力で大きなものを動かすことを言います。

為替の世界では、少額の資金で大きな金額を取り扱うことで、利益や損失が大きく影響することになります。資金が少なくて通常の株取引とかでは利益が得られないと悩んでいる人には、とても有効な手段と言えます。

10万円で100万円、1万円で10万円のように10倍のレバレッジがかけられれば、大きく稼ぐことができます。この方法を利用しない限り、大きな儲けを得ることは少ないと思います。

ただし、始められれば簡単にできるわけではなく、為替が動き出すタイミングを確認したり、発表される経済指標を確認しながら投資を行うことで、動きをある程度動きを予想することが可能です。

実際のところ、レバレッジをしないで取引しても、ほとんど利益を得ることはできません。少しでも大きなスワップポイントを交換できるような通貨を探し出せれば、予定よりも高い利益を上げるのも梅ではありません。

十分な資金があるようであれば、スワップポイントを重視して、取引を決定した方が良いでしょう。始め方は、まず取引に使う口座を開設します。

通常使っている口座とは分けておかないと、損益が生じた時に、使用する予定のお金も使ってしまって大変な時になります。

必ず専用の口座を作っておくと安心です。

レバレッジ取引とは

国内では最大25倍の掛け金でトレードする事が可能!

海外では最大1000倍の掛け金でトレードする事が可能!

因みに国内FX業者と海外FX業者ではそれぞれルールが異なります。

国内FX業者と海外FX業者の違いについては下記の記事をご覧ください!

【FX初心者必見】海外FXと国内FXの違いとは?

指標に要注意!

次に大きく変動しそうな要因があるものを探し出します。毎週や毎月のペースでいろいろな指標が政府から発表されます。例えば、住宅の販売された戸数などがそれに該当します。経済が堅調であると判断されれば、通貨の価値は上がっていきます。

逆に問題が生じれば国の信頼が下がって、通貨の価値も下がります。これから価値が上がると思う通貨を選びます。その通貨をレバレッジによって2倍から15倍に増強された資金で、購入します。

あとは市場の動向に合わせて売り時を探れば終わりです。売りで処理したときのスワップポイントが利益として得ることができる設けになります。

万が一購入した時よりも金利差が下がった場合には再び上昇するまで待つか、ある程度下がった時に売りに出しています。

これはリスクを最低限に抑えるための処置で、利益を上げる行為ではありません。上昇する時まで待つ場合には、口座にある資金が重要になります。

レバレッジによって動きが顕著になった通貨は、移動幅が大きくなればそれだけ動きも大きくなります。何もしないと決めた口座も資金が尽きてしまう恐れもあります。常に監視して、足りない分を補充しなければいけません。

指標とは

各国の経済指標、雇用状況、金利政策などの発表を指す

発表時価格が荒れることが多いのでトレードには注意が必要!

仲値狙いはお勧め!

為替(FX)取引を行っていくうえで必ず耳にする単語があります。それは仲値(なかね)です。

「仲値」とは銀行と顧客の間で行われる外国通貨取引の基準となる為替レートを指します。

外国為替市場がオープンしてまもなく、その日の固定された為替基準レートを決めておくことによって「変動」という障害を無くすことができます。

日本だと平日の毎朝9時55分に三菱UFJ銀行が決定します。その後10時に他のメガバンクや地方銀行に公示され、投資会社や輸出・輸入企業との取引に用いられます。

つまりこの仲値がその日のレートの基準値となるんですね。そこで時間的にはこの毎朝9時55分付近に輸入企業のドル買いが行わる事が多くこれを利用した「仲値狙い」という手法があります。

この時間帯前に米ドル日本円を買って(ロング)して情報した時に売って利益を一旦確保したのちそこから売り(ショート)で往復を狙う方法あります。慣れるまでは買うだけにしておいて毎日感覚を養っていく方が良いかもしれません。

但しトヨタなどの輸出業は逆に時間帯によっては円買いになるので、下がってしまうことがあります。

輸出企業と輸入企業の仲値への影響

輸出企業仲値に依存しない3月、9月の決算に向けてドル安、円高になる

輸入企業→仲値に依存する →毎朝10時前にドル高になる傾向

仲値に依存しない下落の値動きもあるので注意!

とだけ覚えておいてください!

実需取引とは?

FX(為替)取引を行っていくうえで、必ず出て来る単語があります。それは実需取引です。

この実需取引とは、実需とは企業が海外から輸入を行ったり、海外の儲けを円に交換したりする際の通貨の両替によって発生する外国為替取引を指します。みなさん海外へ行くときに現地通貨へ両替しますよね。あとは企業が現地通貨や日本円へ両替を行います。

この貿易取引が東京市場に占める割合は30%ぐらいあるので市場への影響は大きいです。

仲値に影響するゴトー日(五十日)とは?

この言葉もFX(為替取引)を行っていく上でゴトー日重要なものです。

五十日(ごとおび)とは、毎月5日・10日・15日・20日・25日と、30日または月末日のことを指しますが、15日や20日など月に6回程度あり、土日が重なる場合は前日が該当し、月末を含むこともあります。

企業の大半は請求や入金の締め日を5・10日のいずれかに設定しており、輸出入企業など米ドルを実際に必要とする企業のドル買い需要が5・10日の仲値の時間に集中するという特徴があります。

そこを狙ったトレードも可能だという事です。

ゴトー日(五十日)の特徴

5・10日の仲値付近はドル高になる傾向。

但し意図しない下落もあるので要注意!

土日が重なる場合は前日が該当、月末も含むことがある。

FX(為替)の取引所や時間帯について

FX(為替)の各国の取引所や時間帯については把握しておかなければなりません。それだけトレードを行う上で重要なのです。

各国の取引所の時間帯は上記の通りですが証券会社での取引はほぼ24時間トレード可能です。例えば、本時間の23時ごろはロンドン、ニューヨークも重なっているのでレートの動きが活発になります。

なのでFX(為替)の専業の方は夜だけ参加するとか東京は仲値のみの参加に絞っている方が多いと聞きます。東京では基本的にはあまり値動きはありませんが、日銀の金融政策発表時はレートが荒れる傾向なので注意が必要です!

FX(為替)の取引時間帯について

専業の方は夜のみの参加も多い

東京時間は基本的にレートはあまり動かない傾向。

但し日銀の金融政策発表時や何か大きなニュースが入った時は要注意!

ロンドンフィキシング(London Fixing)とは

ロンドンフィキシング(London Fixing)は、ロンドン市場の16時(夏時間15時)=日本時間の25時(深夜1時、夏時間24時)のフィキシング(値決め)のことをいいます。よくFIXと表現されることが多いです。

ロンドンフィキシングは正確には金(Gold)のスポット価格を決定することを意味します。このロンドンフィキシングは大手銀行、大手ヘッジファンド、年金機構、中央銀行といった大口機関で重要視されます

ロンドンフィキシングは機関・個人問わず、世界中のトレーダーが注目しているほどの大きなイベントです。基本的にはロンドン市場で決められた金の価格がその日の世界の金の値段となります。先ほど説明した日本での仲値に似ていますね。

その金がどうして為替に影響出るかなんですが、ゴールド(金)はドル建てで取引されるからなんですよね。つまり金の価格が大きく動けば当然ドルも大きく動きます。ですからその影響で為替相場へも影響が出る事となります。

この時間帯でも価格が急に動いたりする傾向なので注意が必要となります。

また、東京市場は日本時間で行われますが、サマータイム制度が反映されるロンドンフィキシングは夏と冬で時間が異なるので注意してトレードしましょう。

ロンドンフィキシング(London Fixing)の時間帯について

・冬時間:東京25時=LDN16時=NY11時
・夏時間:東京24時=LDN15時=NY10時

NY(ニューヨーク)オプションカットとは

FX会社のニュースでよく流れるオプション関係の言葉で、「NYオプションカット」という言葉が良く出てきます。
これは、カットオフタイムとも呼ばれており、「通貨オプション」の権利行使の最終的な締め切り時間のことを指します。

NYオプションカットの時間帯は、日本時間の24時です。(夏時間は23時)

通貨オプションとは、あらかじめ定められた期間や期日に、定められた価格で買う権利、または売る権利を売買する取引の事ですね。

具体的には、1か月後にドル円を100円で100万ドル買う権利というイメージです。
この権利を売る側は、証券会社や銀行などの金融機関で、買う側はトヨタなどの貿易企業であったり、投資目的の金融機関となります。

FX会社のニュース欄にて

108.60円 OP9日NYカット
108.50円 売り 本邦勢、OP9日NYカット大きめ
108.00円 OP9日NYカット

などと表示されています。

この場合、一番影響するのが108.50円のオプションになります。この時は、1000本(1本=1億ドル)が残っておりました。

だいたい、1000本以上あると値動きに影響するといわれておりますのでこの情報にも目を通しておいた方が良いです。

NY(ニューヨーク)オプションカットの時間帯について

・冬時間:東京24時=LDN15時=NY10時
・夏時間:東京23時=LDN14時=NY9時

一部通信社のニュースには要注意!

いきなり大きな値動きが出る場合があります。その原因の一つとして「一部通信社」のニュースがあります。

これはブルームバーグの記事のことがあいまいにぼかされていることがよくあり、ブルームバーグの記事によって相場が大きく動く事が良くあります。

例に挙げると、記事のタイトル「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者」というものです。

この時日経平均は僅か6分で960円もの暴落

米ドル円に関しては僅か3分ほどで約3円も暴落しました。

これは、トレードをやっている方ならすぐに理解できるのですが、場合によっては破産するほどの損害を被るぐらいの威力なんですね。仮に米ドル円10万通貨を取引してたとしましょう。そうすると僅か3分ほどで30万円の損失を出したことになります。

保証金率によっては強制ロスカットに合う為、30万円の損失が確定してしまうという事もあり得ます。何となくイメージできたでしょうか?たったの3分ほどで30万円も負けるという事がイキナリ来るというリスクはあります。

しかし売りのポジションも持てるので一瞬で30万円の利益が出た人もいます。それがFX(為替)の特徴なんですね。しかし日頃のリスク管理と資金管理をシッカリとしておけば、破産は免れると思います。

ですので「一部通信社のニュース」には十分気を付けてください!

リスクには要注意!余裕資金で

先ほどレバレッジのお話をしましたが、5倍、10倍、25倍などの掛け金で取引が出来る為、急激な変動などで投資金額以上の損失が出る可能性もあります。また投資金額以上の利益を出せてしまうのもFX(為替)の魅力ではあるんですが、とにかく慣れるまでは少額で取引を行う事をお勧めいたします!

それとかならず余裕資金で計画性を持って取引を行ってください!

FX(為替)は慣れると攻略可能!

為替は、競馬やボートレースと異なり価格の変動に人が介在しません、また順位などもなく通貨間の金利差がそのものが影響します。そのため、ある程度の予想が可能です。だからこそ上手くやれば儲かると言う言葉どおりと言えます。

市場の動きに合わせて取引すれば、拘束時間が少なくて済むので便利です。短時間で大きく稼ぐ人も多くいます、また、初めて運用する時には良くわからないため、最近では動向に合わせて自動で取引できるアプリも利用可能です。

いくらで購入して、ある程度の金利差になったら売り出すように、設定するだけで自動で売り買いを実施します。これがあれば大きく儲かることはありませんが、確実に成果をあげられることになるでしょう。

  • 各国の時間帯による特徴を把握する事
  • 指標の重要さを理解する事
  • 一部通信社のニュースには注意!
  • テクニカルを勉強する事
  • 感情に任せず冷静な判断力が重要!
  • 余裕資金でトレードを行おう!

ゲームが好きで攻略要素が得意な人にはお勧めです

確かに想定外という事もあるのがその世界でも共通すると言えます。しかし大半はある一定の範囲がありますので、それを見つけて攻略できれば、FX(為替)で十分な利益を確保する事は可能です!

特にゲームが得意で探求心や検証、分析、解析などが得意な方はきっと攻略できると思います。

FX(為替)で取引して稼ぐためのコツの記事紹介!

こちらの記事ではFX(為替)での具体的な取引のコツの一つを書いています。かなり重要なので勝ちたい方はご参照ください!

FXのスキャルピングでおすすめな手法

FXのスイングトレードとは?詳しい分析やエントリー手順も紹介

FX(為替)レート表

下記は為替のレートです。各国の通貨レートになります。

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された為替レート表。

指標カレンダー

FX(為替)取引を行う上で一番重要なのが指標です。各国の経済指標が下記で確認可能です!

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

ネットで稼ぐ方法!為替(FX)まとめ

・本番を行う前に仕組みをシッカリと理解しておくこと

・慣れると勝てます。月トータル、年トータルでプラス収支を狙いましょう!

・自信が無い時は様子見が一番です!

・テクニカルは重要です。しっかりと勉強しましょう!

・ファンダ要素で仕掛けてくる機関もあるので要注意!

・焦りは絶対に禁物であるため投資は必ず余裕資金で行いましょう!

大雑把に言うとこんな感じですが、トレードで何が重要かというと、「経験」なんですよね。相場が乱高下したときの対処方法や

指標時の値動きのクセなどこれは長年の経験によって分かるものです。分かってくるとこの辺が底この辺が天井だろうという目星をつけることが可能になります。

そしてFX(為替)のトレードで重要な事とは「焦るな冷静な判断でトレードせよ!」です。

それではFX(為替)ライフをお楽しみください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。