ネットで稼ぐ方法!株、金取引

ネット上で稼ぐ方法としては株取引を行うのがおすすめ

ネットで上手に稼ぎたいと考えているのであれば株取引を行うのがおすすめです。株取引と聞くと暴落などが起きたら怖いイメージがありますが、上手くやれば儲かることができます。なぜ株の取引がおすすめなのかというと、少額から始めることができるからです。

最近では最低購入金額が10万円以下の株が多く出回っていますし、さらに少額で始めたいのであれば、証券会社が行っている単元未満株というサービスを利用することができます。これならお小遣い程度の金額から始めることができるので、初心者でも始めやすいのではないでしょうか。

株式投資のメリットは、高いリターンが期待できるので利益をしっかりあげることができる点です。海外株式に投資した場合だと、資産が6.8倍まで増えたという結果もあります。もし余裕資金があるのであれば、銀行に預金するよりも株を購入した方が大きな利益をあげることができます。

ハイリターンを期待したのであれば、ブラジルやインドなどの新興国の株を購入するのがおすすめです。しかし株初心者だとどれを購入すればよいかわからないと思うので、プロの投資家に資金を託して運用してもらう投資信託を利用するのがいいでしょう

証券会社の中には、ハイリターンが期待できる海外の投資信託を多く扱っているところもあり、さらに手数料がかからないノーロードファンドの取り扱いもあります。それによって低コストでグローバルな投資を行うことができます。

株取引は為替(FX)より簡単だという意見もある

株取引にはデイトレードやスイングトレード、中長期投資などさまざまな投資スタイルがありますが、サラリーマンなど本業の片手間で投資しようと考えているのであれば、長中期投資が最適です。デイトレードは1日で株を売って買うという作業を何回も行わなければならないので、1日中パソコンにはりついていなくてはなりません。

スイングトレードは数日間の間に売買を完了させる投資方法で、デイトレードよりは参加するハードルは下がりますが、やはり本業のある方には大変な作業であるといえるでしょう。したがって本業のある方におすすめな投資スタイルは、長期に株を保有する中長期スタイルです。

株は売買しないと売買益を得ることができないので、中長期投資ではどうやって利益をあげたらいいのかというと、株主優待と配当金によって利益をあげることができます。

配当金とは企業が利益を出した時に株主に還元する利益で、株主優待とは、年1~2回程度、企業が株主に贈るモノやサービスです。銘柄によっては年利にして4%以上の配当金をもらえるところや数千円もする自社製品を株主優待で贈るところもあるので、銀行にお金を預けているよりはお得であるといえます。

実際株取引を専業としている人からは為替(FX)よりも簡単だと仰る方も多いですよ。

株取引はネット証券の口座開設を行えば取引可能!

このようなさまざまなメリットがある株取引ですが、どのような方法で購入すればいいのかというと、ネット証券から気軽に購入することができます。ネットで株を購入する方法は、まずネット証券に口座を開設する所からはじまります。

口座開設をすると1~3週間ほどでネット証券から口座開設完了の通知が届き、同封物の中にはIDとパスワードが記載された書類が入っているのでそれを確認しましょう。IDやパスワードはネット証券にログインする時に必要なものなので、他人に盗まれたり見られたりしないように大切に保管しておくことがポイントになります。

口座を開設した次に行うのは、その証券口座に入金することです。今はほとんどのネット証券で即時入金と呼ばれるサービスを利用することができるので、入金する際の手数料はかかりません。どのくらいの金額を入金したらいいか迷ってしまう方が多いかもしれませんが、まずは10万円程度入金してそれを元手に増やしていくのがいいのではないでしょうか。

株取引では現物取引がローリスク

お金を入金したらいよいよ銘柄を購入していく作業がはじまります。株の買い方には、現物取引と信用取引の二種類がありますが、株の初心者であれば複雑な信用取引より現物取引を選ぶのがおすすめです。

株取引での信用取引の危険性について

 

信用取引とは、保証金(現金または上場株式等)を証券会社に預けることで、保証金の約3.3倍までの金額の取引をすることができます。これをレバレッジ(てこ)といいます。レバレッジのメリットとデメリットについて下記に纏めました。

運用条件 株価が1/2になった
場合の損失額
残る資産 残る負債
【現物取引】
自己資金のみの場合
の運用100万円
100万×1/2=50万円
損失は50万円
資産50万円 負債0円
【信用取引】
自己資金100万円を
保証金として信用取引で合計300万円を運用
300万×1/2=150万円
損失は150万円
資産:0円 負債50万円

御覧の通り、「現物取引」と「信用取引」ではこれだけの差が出てしまいます。当然利益も然りですね。

株取引での信用取引は金利が発生する

信用取引では借りる事と同じなので借りた分の金利を支払わないといけません。

簡単に言おうと

信用取引での金利について

【買いから入った場合】

信用取引の買いでは証券会社に保証金を預け、お金を借りて取引をするため、借りたお金に対して金利が発生します。これを「買方金利」といいます。

SMBC日興証券での場合、買い方金利は2.5%です。

 

【売りから入った場合】

信用取引の特徴として「売り」からポジションを取ることが可能です。

SMBC日興証券での場合、売方金利1.15%となります。

日興イージートレード信用取引では「買方金利(年利)は制度信用2.50%、一般信用3.00%」、「貸株料(年利)は制度信用1.15%、一般信用1.40%」となっております。

つまりこれらを理解した上で運用資金をコントロールしていけば比較的ローリスクで行けると思います。

追証を発生させないためには

追証を発生させないためにも委託保証金維持率に常に注意することとなります。下記にその注意点を纏めました。

1.レバレッジを抑える

例えば、レバレッジ3倍で取引をしている場合、例え10%の評価損でも追証が発生する仕組みです。レバレッジを抑えることで委託保証金維持率も上がり、追証の発生を防ぐことが可能です。

2.保証金のうち現金も余裕をもって口座へ入金しておく

現物株を担保とした場合、株価が下がると担保価値が落ちてしまい委託保証金維持率が追証ラインを割ってしまう可能性があります。保証金は、なるべく現金を口座へ入金しておきましょう。

3.信用二階建て投資を行わない

現物株を担保にして、同じ銘柄を信用買いする信用二階建てという投資をしないことです。買った銘柄の株価下落により、現物株でも信用買い建玉でも評価額が下落し二重の含み損が発生するため、ほんのわずかな間に追証が発生してしまう恐れがあります。

4.自分流の取引ルールでロスカットする

自分で取引ルールを決めて売買をオススメします。ロスカットルールを設定し、早めに損切りをするなどの対応が鍵となります。「逆指値」をうまく使うとよいでしょう。「逆指値」は「この値段に上がれば買う」「この値段に下がれば売る」という注文方法です。あらかじめ損切りラインを決めておき、逆指値注文で対応してポジション管理すれば、追証の発生を防ぐことが可能であり傷も浅くて済みます。

ここで重要なポイントですが、浅めのロスカットが何故重要かなんですが、そもそも買う時には当然上がる事を予想して買うと思います。

しかし株を保有してからすぐにマイナスへ転じる場合は買うタイミングが悪い証拠です。買うタイミングがうまい人はプラス圏内に入り易いのが特徴なんですね。たしかに含み損でも一時すれば戻ってくると思われがちですが、もし暴落してしまったらそれこそ塩漬けになって今更損切すらできない状況に陥るからなんですね。

ですから最低ラインの損切をシッカリと設定し、感情移入なしで機械的に損切を行い、またそれよりも下がって買い戻せばいいやぐらいの心の余裕を持ってからトレードしましょう!

傷は浅めが良い!

金取引について

ネットで稼ぐ方法には、株取引の他に金取引もあります。金の購入方法には、純金積立や金ETF、金地金や地金型金貨、金先物などがあります。

純金積立とは毎月一定の金額で純金を購入していく方法で、毎月1,000円から始めることができます。気軽に金を購入することができるの金取引初心者の方に最適な購入法であるといえます。

金ETFは株式に近い形で購入することができます。金ETFとは金価格連動型投資信託のことなので、金地金の現物のみで運用する投資信託を有価証券化したものなので、証券会社で購入することが可能です。純金積立のように毎月1,000円から購入できるのも魅力の一つとなっています。

このようにネットで稼ぐ方法には株取引と金取引の二種類があります。これらの取引はいきなり多額で取引してしまうと損失が出た時に被害が大きくなってしまうので、少額を少しずつ積み立てていく方法がおすすめであるといえます。

純金積み立てとは

月々1000円から積み立てOKである純金積み立ては少額から始めることが最大のメリットです。通常の金購入の場合インゴット10gで8万円近くするので少額で買う事はできませんし売る時に差異が生じてしまいます。現時点で1g=5662円ですからね。

純金積み立てのメリットはドルコスト平均法が使えるので、仮に価格が下がったとしても毎月定量の購入を行う為平均取得単価も下がっていく傾向となります。また価格が上昇すると毎月積み上げているので利益も積みあがっていきます。

純金積み立ての手数料などについて

証券会社によって異なります。

  • 買付手数料は1.65%~2.2%あたりが主流
  • 売却手数料は無料
  • 年会費は無料

特徴としてこの様になります。証券会社も様々ですのでじっくりと吟味すると良いでしょう。後日こちらでも証券会社を紹介します。

ネットでトレードを行う事で人生が変わる

一般人が人生大逆転をする方法はトレードが一番手っ取り早いですよ。経験上宝くじよりよっぽどマシです。普通は起業を行うのが一般的ではありますが、これだけ市場が成熟してしまっている現在そう簡単な事ではありません。

ネットでトレードを行う最大のメリットは常に資金をコントロールすることが可能なんですよね。これが起業の場合そう簡単な事ではありません。当然何を行うにしても、リスクはあります。体を動かして汗かく仕事もそれ自体がリスクです。

日本は体を使って汗をかく事が美徳とされている場合がありますが、私の価値観ではそうではありません。現在の日本ではそっちの方が奴隷の様な低賃金でコキ使われてしまう恐ろしい事も十分あり得るのです。

良く為替取引や株取引で多額の損失を出してしまったという話はよく聞きます。しかしその反面「億トレ」も沢山誕生しているのが現実なんですよね。つまり何が大事かというと「相場が荒れる時期を見極めるそして良い波に乗る事」や「余裕資金による資金コントロール」が重要なんです。

私が言いたかったことは何を行うのにも必ず「リスク」が生じる事が多いという事です。

そして為替(FX)取引や株取引、仮想通貨取引に共通している事は「ゲーム好き」には向いています。つまり攻略するその志があれば、必ず見えてくるものがあります。

そこを粘って決して諦めずに最悪な事態も想定しながら挑戦し続けましょう!今変わることが出来なければ、将来は絶対に変わりません。

そのままだとドンドン悪化していく状況になる可能性の方が高いです。

 

人間何かを背負うと強くなれるものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。