株取引について④株主優待、配当金について

株主優待とは

株主優待は企業が提供するサービスのことで、一定数以上の株券を保有する株主に対し、その株式会社が自社商品などを提供するものです。
株式といえば配当が定番ですが、配当金を出さない企業もありますし、その代わりとして商品提供で優待としているケースも少なくないです。
勿論、配当とは別に優待も提供する企業も存在するので、両方ともに提供を行っている企業はとても魅力的だといえるでしょう。

言い換えるなら、経営に余裕があって株主に還元できる利益が得られているわけなので、今後に期待して投資を続ける切っ掛けになります。
逆に、配当どころか優待も用意できない企業は、経営に余裕がないか非常にケチだと考えられます。

株主優待は一種の感謝の気持ちを表すもので、株を購入して経営を助けていることや、今後も力を貸して欲しいという意味を持ちます。
感謝されて嬉しくない人はいませんから、品物を提供する形で気持ちを伝える優待は、株主にとっても企業にとっても魅力的です。
具体的にどのような品物が提供されるかは企業次第ですが、例えば食品メーカーなら定番や新商品、飲食企業であれば食事券などです。

内容や充実具合が株の魅力を大きく左右するので、提供する企業は各社ともに力を入れていますし、株を購入してもらうのに重要な要素だと考えられています。
企業にとってみればコストですが、しかし新規の投資家の獲得や囲い込みができるので、そういう意味では十分に支払うのに足るコストだといえます。
そもそも、株主優待を提供すると税金の負担が軽減できるので、経営の安定化を図るのに役立ちます。
優待を受けるには株の保有が条件で、権利の確定日に持っていることが前提となります。

また、一定数を持っていないと優待が受けられませんから、そこが注意点となるでしょう。
沢山株を保有しているほど、優待の内容が充実する傾向なので、少なくとも恩恵が受けられる株数を購入したり、希望する優待に合わせて購入数を検討したいところです。
株の購入は、企業の将来性や安定性に成長の伸びなど、様々な要素が検討材料です。
優待や配当もこれらの材料の1つで、比較検討を行う際のヒントになります。

株主優待ランキングは、魅力的で評判の良いお得な優待を順位づけしたものです。
何をもってお得と感じるかは人それぞれですが、大きな還元があれば魅力的ですし、投資額に対して還元のリターンが大きければそれはそれで狙い目です。

株主優待で人気が高いのは、やはり何時でも実用的に使えたり換金性もある商品券です。
様々なお店で使える物なら使い勝手が優れますし、換金性が高いので株主優待ランキングの上位に入ります。
特定のお店でしか使用できないとしても、全国展開のお店で使えるなら、あまりデメリットとは感じられないです。
商品券ではなく割引券であっても、割引率が大きければ商品券に近い価値が評価されますし、魅力的な優待と認められる可能性が高いです。

株主優待ランキングでは、投資先の魅力が直接的に分かる、食料品を株主優待で提供する企業も人気です。
保存が利く食料品に限られますが、どういった商品を作り提供しているか把握に役立つので、今後の投資の判断材料になります。
食品メーカー以外でも、いわゆるおこめ券やビール券を提供する企業があるので、必ずしも優待の内容が投資判断に役立つとは限らないです。
それでも、どういう姿勢で株主に還元しようとしているかについては、優待を見ればある程度の判断がつきます。
株主優待を受けようとすると、権利の獲得にそれなりの投資が必要なので、本気で企業を応援する気持ちがないと実際の獲得は難しいです。

ただ、10万円以下や5万円以下の株式保有でも、優待を受けることができるチャンスがあります。少額投資で品物がもらえるわけですから、当然ながら株主優待ランキングでも人気ですし、上位にランクインすることも珍しくないです。
少数保有の株主にも還元する企業は、それだけ経営に余裕があったり、間口を広げて多くの投資家を呼び込もうとしています。
株を購入する投資家が増えて、株価が上昇する可能性を秘めているので、こういう企業は有力な投資先となり得るでしょう。
株主優待ランキングに目を通せば、この傾向を持つ企業が一目瞭然ですから、比較検討に役立つはずです。

反対に、50万円や100万円以上の高額な最低投資金額の企業は、その分還元内容に期待できます。
カテゴリで分けると、食料品や商品券に金券を始めとして、ギフトカタログや娯楽施設の利用に非売品の自社グッズなど、実に多岐にわたることが分かります。
複数の企業に分散投資を行えば、各社から品物がもらえる可能性があるので、優待で生活を豊かにしている人もいるほどです。
売れる物は現金化、食料品は自分で消費するなど使い方次第で価値が発揮されますから、上手に活用すると生活が潤います。
何より、投資が形になって還ってくるので、純粋に感謝の気持ちが受け取れる喜びがあるのが魅力です。

株 配当金とは

株の配当金とは、企業が得た利益の中から株式を有している人に対して支払われるお金のことです。元々、株式を発行している会社は、その株式を利用して資金を募ることになります。この資金は無償で募っているわけではなく、将来的なその会社への投資として出資することになりますので、利益を得たときにはその分を還元しなくてはいけません。配当金は、あらかじめ決めていたパーセンテージ分を還元することで成り立ちます。例えば、100株有している人に1%の配当金を支払うという具合に、保有している総数に応じて還元される金額も異なります。ですから、配当金の支払いが大きな企業に出資をすれば、それだけで多くのお金をもらうことができます。これは、特に株取引を初めて利用する初心者にとっては非常にわかりやすく便利なシステムです。

例えば、株取引を行う場合には、有している企業の銘柄の価値が下がる可能性も存在します。1万円で購入したものが9000円になってしまうと、1000円分の損失になってしまうためこの分の損失は次の取引で取り返さなくてはいけません。一方で、配当を期待して株式を保有するケースでは、このようなことを考えなくても問題ないというメリットがあります。配当は、最初から決められているパーセンテージで支払われることになるため、総数を多く保有しているだけで必ず一定のお金をもらうことができます。そのため、ある特定の時期にその企業の株価が下落したとしても、突然配当される金額が小さくなるようなことはありません。安定してお金をもらえる仕組みになっているため、文字通り初心者にもやさしい出資の形であるといえます。

もちろん、配当金にも注意をしなくてはいけないことがいくつかあります。例えば、すべての会社で株主に利益を還元しているわけではないという点です。こういった還元は、あくまでも経営を行っている企業側の判断で行うことになります。株主が独断で決めるわけではなく、また株主の総意で決めるものでもありません。実際に、上場企業の中にも還元しない方針をとっている会社は少なくありません。こういったところの銘柄を保有していたとしても、還元してもらうことはできませんので注意が必要です。また、大きな会社であるからといって必ずしも還元率が大きくなるわけでもありません。

これは、一般的に利回りという数値を確認することで簡単に比較できます。基本的に、1株当たりのお金と現在の株価のバランスをみると、その企業がどの程度の利回りで株主にお金を還元しているのかがわかります。仮に、大手の会社であってもこの利回りが存在すると効率的に利益を得られなくなってしまう可能性も否定できません。そもそも、大手の企業は株の価値が非常に高くなっているため、1株単価あたりで非常に大きなお金を支払わなくてはいけないこともあります。現実的にも、1株あたりで数十万円以上のお金を支払わなくてはいけない企業もあります。一方で、成長株で利益を順調に得ている場合には、株価が安価にも関わらず利回りが大きくなっているケースも存在します。この場合は、株価の大きなものを選択するよりも遥かに効率的にお金を稼ぐことができる可能性が生まれます。

また、株の配当金をもらえる時期に関しても、会社によってかなり違います。これは、決算日が会社によって大きく異なるからです。日本では、年に1回か2回が基本となっていますが、会社側からどういった時期に配当されるのかの発表が資料やホームページなどで明記されています。ですので、これも必ず確認しておかなくてはいけません。さらに、配当は株式を保有していないといけないため企業によっていつの時期まで保有しておかなくてはいけないのかの違いも存在することに注意が必要です。

これを、権利付き最終日といいます。権利付き最終日に株式を保有していない場合には、それよりも早い時期に株式を保有していたとしても意味がありません。言い換えると、権利付き最終日に株式を保有しさえしておけば、他の日に保有していなくても配当の権利は得られることになります。実際に、駆け込みでこの日に購入したとしても権利は得られるので、この日には多くの人が利回りの良い株式を狙って購入することが多いです。

そのあとは、権利落ち日というものがあります。配当があるまで株式を延々と保有し続けなくてはいけないわけではなく、権利が確定した次の日は大半の場合で権利落ち日になります。そのため、この日に売却すれば株式を保有していなくても将来的にきちんと配当をしてもらえることになります。
最後に、こういった配当による還元についても株に関連する出資者の利益に違いありませんので、税金がかかることを知っておく必要があります。通常の取引と同様に確定申告が必要なので、大きな金額をもらったときには忘れないように申告をしなくてはいけません。

株取引について⑤株価検索方法、株価 日経平均

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。