株取引とは①基礎編

株取引とは

株取引とは株式会社の公開株を買い付けしその後保有したり売る事を指します。

株式会社が株券を発行します。これを証券所を介して購入すると会社はそのお金を会社の運営資金として利用できます。そしてその株券には常日頃、価格というものが存在します。この価格差による差益や配当金目的で購入する事で利益を出す事が主流となっています。

株取引には様々な取引方法がある

売却した分で利益を得る売却益のみならず、株主優待や配当金でも利益を得る事もできる株取引を初心者が行う場合は投資する手法がデイトレードやスイングトレード、中長期投資といった3種類に分けられる様子から理解していきましょう。

株取引デイトレードとは

3つの手法の中で最も保有している期間が短期的なデイトレードは、株を購入して売却するという一連の流れを完結させる手法であり、同一の元手にて複数回にわたって売買を実行するため有効的に資産が使用可能です。

デイトレードは日中にパソコンの前で過ごし続ける必要性がある特性上、会社員のように日中にパソコンの前で過ごし続ける事ができない方は、デイトレードよりも長いスイングトレードが適しています。

株取引スイングトレードとは

スイングトレードというのは数日間で売買を終える取引なので、デイトレードのようにパソコンの前で動向を確認し続ける必要性が無いのにも関わらず、デイトレードと同様に銘柄が短期的に変化します。

スイングトレードよりも長いスパンで株取引を進めていきたいと考えている方は、長期間にわたって株を有し続ける中長期投資が最適であり、中長期投資は値上がり益が手に入れられるようになるまで時間を要する特性があるものの、短期間に発生した値動きを意識せずに過ごせます。

デイトレードであれば1日で値上がり益が手に入れられ、スイングトレードなら1週間から2週間で値上がり益が手に入れられる様子を考えると中長期投資は長い目で見ていく必要性がありますが、株を有している事によって得られるインカムゲインを得る事が可能なので、企業からの物もしくはサービスなどの形で恩恵が授かれます。
そのようなインカムゲインの中には貸株サービスにて得られる貸株金利も存在していて、貸株サービスなら証券会社が定めるボーナス銘柄において10%または20%というように魅力的な高金利が設定されています。

株取引は至ってシンプル安く買って高く売る

株取引に関する単語として目や耳にする事が多いものとして挙げられるのが経済や景気、株価指数なので難しく感じてしまう方も少なくないですが、実際には株取引というのは難しくない上に価値が低い時に購入した銘柄を価値が高くなった時に売却するというシンプルな仕組みです。

株取引をする際に特別な知識や技術は必要としないですし、今日では株の売買を行う際に必要になるのはパソコンまたはスマートフォンのみなので、多くの方々が既に所有しているインターネットに接続できるデバイスがあればすぐに始められます。

投資に用いる予算やスタイル、利益を出す方法などが定まったら既に株取引を始める準備が整っていますが、株取引を行う際には証券会社を利用する事になるため、合わせて証券会社についても理解しておくと尚一層円滑です。

日本国内には東京や札幌、名古屋や福岡といった4つの都市に証券取引所が存在しているので、株取引を行う場合には各々の施設を利用する事になります。
取引を行う際に証券会社を介する理由は、個人的に証券取引所を訪れたとしても株を購入する事はできない事が関係していて、個人的には購入する事ができないものの証券会社を介せば購入可能なので、会社に仲介役になって頂き購入します。

昨今ではネット証券にて口座の開設を完了させる投資家も少なくないですが、どのような形式であったとしても口座を開設し手続きを完了させれば、外国の取引所にて取引が行われている株の売買の仲介をして頂けます。

このような取引所には9時から15時までというように取引時間が定められているのですが、11時半から12時半までの1時間は昼休憩の時間として定められているので特にスピーディーに取引を行う機会が多い上に、終日パソコンの前で過ごし続ける機会が多いデイトレードの場合は、取引所の取引時間を十分に念頭に置いておく事が大切です。

また、デイトレードはもとよりスイングトレードや中長期投資を行っている方も理解しておくべきなのが、取引所によって取引が行われている時間に差異がある様子です。

株取引の時間帯は9時から15時半まで

東京は9時から15時までの取引時間ですが札幌と名古屋、福岡に関しては東京よりも30分間長い15時半まで取引を行っているので余裕がある一方札幌や名古屋、福岡に慣れていた方が東京で株取引を行うようになった場合は、30分早く終了する事をよく覚えておきましょう。

そういった取引所にて株価が決定する仕組みには板寄せ方式またはザラバ方式の2つの種類が存在し、板寄せ方式は取引時間の前半または後半で各々の1度目の株取引と最後の株取引で使われています。

一方のザラバ方式はオークション方式とも呼ばれ、株を有している方の売却したい値と株を求めている方の購入した値が一致した場合に売買が完了する仕組みです。
そして株取引においては、初心者であっても早い段階から意識しておくべき事柄としてあるのが海外の機関投資家の様子についてであり、機関投資家は非常に大きな額を動かしながら投資を進めていく特徴がある特性上、取引に際して値が大きく変動しやすいので、海外の機関投資家にも目を向けながら株取引を進めましょう。

くりっく株365とは

くりっく株365とは、東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称です。日経平均(日経225)のほか、世界の株価指数に投資することが出来ます。

日経225

NYダウ

DAX®

FTSE100

 

初めて株取引される方には分かり易くてシンプルな取引方法となります。

<<くりっく株365の口座開設はこちら>>

株取引について②

続きはこちらの記事をご参照ください!

株取引について②取引時間帯、期間など

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。