仮想通貨とは

仮想通貨はバーチャル上のデジタル通貨

ここ近年テレビやインターネット上で仮想通貨という単語を聞いたことがある方が多いと思います。

この仮想通貨というものなんですが、硬貨やお札の様な形がある実態を持っていないデジタル上の通貨です。

 

仮想通貨も種類が沢山ありますが大きな特徴として日本円やアメリカドルの様に国家が発行したものではなく、個人や有志などが開発したのとキッカケに出来上がったものです。

仮想通貨のメリット

 

1. 手数料が安い

これは海外へ仮想通貨を送金する時に恩恵を受けます。例えばXRPの場合ほんの手数料は数円で済みます。

通常は何千円と送金手数料がかかるので、海外送金へはとても向いています。

特に仮想通貨は金融制度が遅れている国、銀行口座を持っていない人が多い国、クレジットカードが普及していない国、即時振込ができない国などでその威力を発揮しています。

2. 銀行を通さず、スピード送金

銀行を通さないのでほん数分で送金が完了してしまいます。これが仮想通貨の魅力です。

3. 少額から投資できる

仮想通貨の取引所では現物取引とレバレッジ取引を採用しているので現物で少額から取引する事が可能です!

4. いつでも取引できる

1年中365日24時間取引が可能です!

5. 市場としての将来性がある

まだ日本の市場は狭く仮想通貨の信用回復が出来れば、これから伸びて行く可能性を秘めております。

 

仮想通貨のデメリット

 

1.送金時混雑すると遅れることがある

仮想通貨バブル時にビットコインで通常は2~30分で送金可能だったが、集中し数日かかる事もあった

2. 送金を誤ると消失してしまう

トランザクションというものがありこれが銀行で言うところの口座番号に当たります。送金時1ケタでも誤ってしまうと仮想通貨の性質上、2度と帰ってくることはありません。手打ち時ではなくコピペで対応しましょう。

3. 取引所がハッキングに合ってしまう

マウントゴックス事件やコインチェック事件は記憶に新しいかと思います。今後の課題でもあります。

4. 仮想通貨は通貨ではない、ましてや金融商品ですらない

国の見解では仮想通貨は通貨ではないとの認識です。仮想通貨という言葉ではあたかも通貨の様な表現ですが、法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではないという見解です。ですから何かしら問題があっても国家としては保障はしないものと思われます。

5. 仮想通貨での税金は総合課税(雑所得)扱い

仮想通貨での税率は総合課税なので最大税率55%ものの重税が掛かりますので売買する際は計画的に行う必要があります。

 

如何でしょうかざっと仮想通貨のメリットデメリットを書きましたが、この様になります。

特に税率に関しては知っておかないと後からトラブルになる可能性が非常に高いので注意が必要です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。