ライオンFX(ヒロセ通商)とはどんな業者?特徴やデメリットもまとめてみた!

ライオンFXがどんなFX業者かお調べですか?

ヒロセ通商が運営するライオンFXは、最近YouTubeのCMなどでも話題です。

ですが、実際にライオンFXに対して

『ライオンFXってどんなFX業者なの?』

『実際に使っている方は、どう思っているの?』

と思っている方もいるでしょう。

そこで今回はそんなあなたに向けて、ライオンFXの特徴やデメリットを解説!

実際にどんな人におすすめかも、紹介していきます。

今回の記事でわかること

  • ライオンFXの5つの特徴
  • ライオンFXのデメリット
  • どんな人におすすめか

ぜひ最後までご覧ください。

ライオン FXの5つの特徴

ライオンFXとは、ヒロセ通商が展開する国内FXサービスです。

そんなライオンFXには5つの特徴があり、それぞれ以下の通りです。

  • 約定率が高い
  • 注文方法が豊富
  • クイック入金に対応
  • 多様な取引ツール
  • 豊富なキャンペーン

ライオンFXの特徴1.高い約定率

99.9%の高い約定率で、注文を的確に通すことが可能です。

約定率とは

約定率は、注文が通る確率のこと。

注文が間に合わずに通らない場合はスリップといいます。

FXは高速で価格が変換するので、約定率が低いとその価格での注文が通らずに、エントリーできない場合もあるのです。

ライオンFXは約定率が高いので、安定的に注文を通すことができます。

ライオンFXの特徴2.注文方法が豊富

他のFX業者には無いような、27の豊富な注文方法があります。

豊富な注文方法を使うことで、様々なリスクに対応できます。

実際に使用できる注文方法の一部は以下の通りです。

  • 成り行き注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
  • トレール注文
  • 時間指定成り行き注文
  • 時間指定逆指値注
  • 全決済注文

これはほんの一部で、他にも様々な、注文方法があります。

更に知りたかたは、ライオンFXの公式サイトをご覧ください。

ライオンFXの特徴3.クイック入金に対応

口座にいつでも、即時反映できるのもライオンFXの特徴の1つ。

クイック入金は入金して直ぐに、取引口座に反映されたるサービスです。

通常FXの送金は、15時以降になると、送金が翌日になってまう銀行も多くあります。

ですが、送金が15時を過ぎても「今日すぐに取引を始めたい!」と思いませんか?

ライオンFXなら、15時を過ぎても、クイック入金の対称のATMから、いつでも即時反映できます

実際に即時反映できる、ATMのある金融機関は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 群馬銀行
  • 千葉銀行
  • 横浜銀行
  • 関西みらい銀行
  • 東和銀行
  • 京葉銀行
  • 熊本銀行
  • 南都銀行

直ぐに取引を始めたい方は、ぜひクイック入金を活用しましょう。

ライオンFXの特徴4.多様な取引ツール

様々な端末に対応した、多彩な取引ツールが使えます。

ライオンFXには5つの取引ツールがるので、自分の端末にあった取引ツールを使用可能。

実際に使える取引ツールは以下の5つです。

  • Windows用
  • マックブック用
  • スマートフォン用
  • ブラウザ用
  • オリジナルc2

あなたの持っている端末に適した、最高のツールでトレードに挑戦できます。

ライオンFXの特徴5.豊富なキャンペーン

豊富なキャンペーンを定期的に開催しているのもライオンFXの特徴。

口座開設で、取引資金として使えるボーナスがもらえたり、キャッシュバックが受け取れたりとサービス内容は様々です。

ボーナスとは

FXで口座開設や入金した際に、FX業者から追加で貰える取引資金のこと。

キャッシュバックとは

取引に使った額に応じて、失ったお金額の一部が戻ってくるサービス。

実際にライオンFXで受けられるキャンペーンは以下の通りです。

  • 乗り換えキャンペーン
  • 季節のキャッシュバックキャンペーン
  • 口座開設キャンペーン

季節ごとの期間限定のサービスもあり、今なら現金5万円が受け取れるキャンペーンもあるので、ぜひ口座開設してキャンペーンを活用しましょう。

<<ライオンFXの口座開設はこちら>>

ライオン FXのデメリット

ここまでは、ライオンFXの特徴を解説してきました。

ですが「デメリットや欠点も知りたい」と思いませんか?

デメリットをしっておくことで、事前に問題を回避できます。

ライオンFXの知っておくべきデメリットは以下の通りです。

  • 自動売買が扱いずらい
  • ニュース情報が少ない

ライオンFXは自動売買機能があるのですが、性能はあまり高くありません。

自動売買に特化したFX業者ではないので、その分他社の自動売買には劣ります。

またニュースなどの経済指標がわかる情報も、見れる情報量が少ないので追加で調べる必要があります。

なので『自動売買を利用したい方』には少し不便ばFX業者に思えるでしょう。

ライオン FXがおすすめな人

ここまでの情報をもとに、ライオンFXのおすすめな人の条件をまとめると以下の通りです。

  • 国内FX業者で取引したい方
  • 様々なキャンペーンを活用したい方
  • 豊富なツールや注文で投資の知識を深めたい方

ライオンFXは国内FXで取引したい方に便利なサポート体制と、豊富な取引ツールがあります。

また様々なキャンペーンも期間限定で開催しているので、この機会にぜひ口座開設してトレードのスキルを磨いていきましょう。

ライオンFXの口座開設の方法

『実際にライオンFXで取引したい!』と思いませんか?

では実際にライオンFXを始めるための、口座開設の方法を紹介。

口座開設は以下の3つの手順で行うことがでいます。

  • 口座開設の申請を行う
  • 必要な書類を提出する
  • 資金を入金する

口座開設の申請を行う

まずは、口座開設の申請をライオンFXの口座開設ページから行いましょう。

口座開設ページに、個人情報や必要事項を記入して口座開設を申請します。

電話番号や住所などを入力するので、わからない場合は事前に控えておきましょう。

口座開設が終わると、取引にりよするログインパスワードなどが明記されたメールが届くので確認してください。

<<ライオンFXの口座開設はこちら>>

ライオンFXに必要書類を提出する

口座開設に必要な、運転免許証とマイナンバーカードの写真を撮影しデータを提出しましょう。

提出方法はPC又はスマートフォンからアップロード可能です。

※書類の提出は郵送ではなく、アップロードのみでおこないます。

自分の身分証明書と、住所を証明書できる物を用意して写真を取りライオンFXに送信しましょう。

資金を入金する

口座開設と書類の提出が終わったら、トレードに使用する資金を送ります。

資金の送金先は、口座開設後にライオンFXのマイページから確認してみましょう。

送金する際は、クイック入金の申請をすると、入金を即時反映できるので便利です。

まとめ

今回の記事では、ライオンFXにかんする特徴やデメリットを紹介してきました。

ライオンFXは、豊富な注文パターンと、様々なキャンペーンを活用できるおすすめの国内FX業者です。

ぜひこの機会に、利用して様々なFXの知識を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。