仮想通貨LISK(LSK/リスク)とは

サイドチェーンという独自の機能を持っている仮想通貨LISK(LSK/リスク)

仮想通貨リスクは、2016年5月に誕生した分散型ブロックチェーンを持つ仮想通貨の1種です。その特徴は分散型の構造となるブロックチェーンを持つことと、サイドチェーンを持つことができると言う独自の構造です。一般的な仮想通貨は統合型ブロックチェーンが主流となっているため、あらかじめ決められた構造の中に様々な情報を持つ仕組みとなっているほか、集中管理の法則により管理者がその構造を全て制御することになっているため、万が一盗聴や破壊などをされた場合には管理者がその構造を1から組み立てなければいけないと言う問題を持っているのです。仮想通貨は基本的にはその構造が暗号化され、第三者からは盗聴できない仕組みとなっていますが、一度盗聴されてしまうとすべての構造が同じであるためにその内容を把握されてしまうことになります。そのため管理者がこれを変更しなければならないものとなっているのですが、リスクの場合には自分自身でブロックチェーンの構造を多様化する機能を持っているため、様々な情報を分散して埋め込むことができ、1つが盗聴されてもその構造が理解できない仕組みとなっているのです。

さらにリスクは、サイドチェーンを持つ構造であることも大きな特徴となっています。サイドチェーンは通常の仮想通貨のブロックチェーンとは別に異なる構造体を持つことができるため、取引履歴やその他の情報などをこの中に格納することができるのが特徴です。またこのサイドチェーンは状況に応じて切り話したり交換したりすることができるため、様々な必要な情報を仮想通貨自身に付属させることができるのです。そのため単純な通貨の情報だけでなく、その通貨が使用された取引の履歴や、その他の様々な情報を組み込むことができるのが特徴となっています。

スマートコントラクトを持つ仮想通貨LISK(LSK/リスク)

仮想通貨の分散型構造ではイーサリウムが非常に有名ですが、イーサリウムでは契約の条件が整った際に自動的に取引が成立する仕組みを備えており、リスクもこの構造を継承しています。これはスマートコントラクトとも呼ばれ、特に大規模な取引等の場合にはその取引の内容を証明するために仮想通貨であっても第三者が介入し取引記録が証明されることが必要となってきました。しかしイーサリアムの分散型構造ではこれらの情報を組み込むことができるために、取引に使用された仮想通貨の特定が容易であるほか、この取引が確立しないと仮想通貨がその効力を発揮しない仕組みとなっており、非常に利便性の高いものとなっているのが特徴となっています。

さらにリスクはLSKとも表記されることが多いのですが、このLSKでは開発環境にJavaScriptが利用される点も大きな特徴です。特に取引履歴をブロックチェーンの中に記述する際には、これまでのイーサリウムでは専用の言語を利用することとなっていたため、非常に手間のかかるものとなっていました。そのためその手間をかけるよりは取引に仲介者を利用した方が効率が良いと判断されることも多く、せっかくの分散型ブロックチェーンの機能を生かすことなく使用されることが多かったのです。このような実態を踏まえて、LSKでは一般的なプログラム開発などに使用されるJavaScriptを使用することでその利便性を向上させている点も特徴となっています。

仮想通貨LISK(LSK/リスク)はマイニングは出来ない

また通常のビットコインでは取引を行うためにマイニングを利用していましたが、LSKではこのマイニングは非常に手間がかかる手法と考えられるため採用されず、代わりにDPoSと呼ばれる方式が採用されている点も特徴です。DPoSではLSKの保有量によって投票権が与えられる仕組みとなっており、この投票権を持つユーザが取引を承認することで取引は成立する仕組みが導入されており、非常に簡便かつシンプルなものとなっているのが特徴です。

仮想通貨は様々な機能を持ちながら、それぞれの特徴が非常にわかりにくいものとなっていることが少なくありませんでした。そのためコインチェックなどで取引を行う際にも難易度が高いために、なかなかスムーズな換金を行うことができないケースも少なくありませんでしたが、今回のこの仮想通貨では非常に安全性が高い上に利便性も高いものとなっているため、コインチェックなどの取引中でも非常にスムーズに取引を行うことができる点がポイントとなっています。そのため今後非常に重要が伸びることが期待されるほか、様々な利用方法が考えられるものとなっているのがポイントです。

サイドチェーンを搭載していることにより、様々な複雑な情報を搭載することができる反面、これを簡単に切り話すことも可能であるため様々な応用ができる点でこれまでの仮想通貨とは大きく異なる性質を持っているのです。ビットコインに代表される非常にシンプルな仮想通貨の場合には、一見取引がスムーズに行われると考えられてきましたが、実際にはセキュリティーが一元化しているためこれが破られた場合のリスクが非常に大きいのが欠点でした。今回の仮想通貨は、その課題を軽減する構造を持っているものと注目されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。