仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)とは

ライトコイン(Litecoin/LTC)はビットコインより派生したもの

簡単に言うとビットコインより派生をしたのが、仮想通貨ライトコインです。世界ではすでに一足早く流行をしていましたが、仮想通過のブームは国内でも巻き起こっています。インターネットの世界はもとより、雑誌やテレビなどでも広く宣伝されているので、詳細を知らずとも名前くらいは耳にしたことのある人は多いです。

ビットコインのソースコードがベースになっているのが、2011年の10月に発案をされたLTCであり、Googleのエンジニアにより誕生をしました。発案にあたり問題解決に焦点を当てていましたが、それがBTCの取引における処理のスピードなどです。結果的に送金を行う速さは、BTCよりも4倍にまで上がり、加えて使いやすさも増しました。

ライトコイン(Litecoin/LTC)発行上限は8400万枚

発行の上限としては8400万枚での設定ですから、ビットコインの発行上限となる2100万枚よりも4倍です。高速でできる決算で金額が少ない、割と日常的に使用できることを考えられての設定でもあります。管理者は誰なのか、組織はどこに所属をするのか、利用をするにあたり気になるのは当然です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)はマイニング可能!

採掘はマイニングでされていますので、この部分はビットコインと何ら違いはありません。ブロックチェーンを使うネットワークに関しての安全は、多数の採掘者が手を差し伸べている状態です。一般的な銀行だとか、各国単位での大きな管理団体が見守っているわけではなく、それらの意向にも惑わされることもありません。実験としては創始者が財団のトップを務める、財団に力があるともささやかれています。

いずれにしても生成速度に関しては、これまでのビットコインに引けをとることがありません。大体10分程度の時間が必要なのが、ビットコインにおける1ブロック当たりの数字です。ませんそれと比べると、わずか2.5分しかかからないのがLTCであり、高速さがまるで違います。ブロックサイズの圧縮に関しては、技術のSegwitを利用しているのも特徴です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)で採用しているライトニングネットワークとは

これまでよりも簡単にライトニングネットワークを導入することが、Segwitを使うことで可能となりました。スケーラビリティの問題を解消する技術、ライトニングネットワークの開発は現在も進行形で継続中です。取引をする際ですがブロックチェーンで、毎回のように記録をすることはありません。その必要性がないためであり、いくつかの決済を証が気でしたとしても、ほぼ気になる手数料も発生しないのも良い点です。

処理が高速であることも、ライトニングネットワークを使うことでの良いところであり、これが導入されることで、さらに利用のしやすさが高まります。

ライトコイン(Litecoin/LTC)は銀と言われている

物のたとえは頻繁にされることですが、金をビットコインとするなら、銀はライトコインです。希少価値に関してスポットを当てると、金よりも価値が下がるのは銀のほうですが、多くの人にとって金よりも身近なのは銀と言えます。金は手が届きにくいとしても、銀だったらもっと身近であり、実用性もあって使いやすいい印象です。

これらの素材が良く使われるのはアクセサリー類であり、強いあこがれを抱かれるプラチナや金は値段が高く、気軽に手に入れる対象ではありません。ところがアクセサリー類でも、シルバー素材であれば価格も安いため、気軽な購入をすることができます。ずっと我慢をしてコツコツとお金を貯めて、やっと手に入れるような稀少性はなくても、欲しい時に直ぐに手に入るのは満足度も高いです。

仮想通貨の取引所として、仮想通過初心者にも使いやすいコインチェックは、2008年の8月に設立をされました。東証一部企業のマネックスグループには、2018年の4月に入っています。ちなみにマネックスグループは証券会社であり、これまで多数の実績を持つ信頼の厚い大企業です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)はコインチェックで取引可能!

なぜコインチェックは初心者にも優しいと言われるのかですが、いくつかの利用があります。基本的に取引を行う大事な画面ですが、非常に見やすい上に操作もサクサクしやすいです。一見するとハードルの高い仮想通過の取引ですが、たとえ初心者であろうとも操作は簡単にできます。扱っている通貨の数に関しては10種類はありますし、コインチェックチャットもあるので親切です。長く使うにも最適であり、年率として最大では5%もの仮想通過サービスも用意をされています。

国内における取引上はいくつかがありますが、銘柄の取り扱いとしても多い方です。初めて投資をはじめ人は不安も大きいですが、使いやすさがあるので初心者でも全く問題はありません。

頭から難しいと決めつけやすい口座開設ですが、コインチェックの解説方法は簡単です。まずはアカウントの登録を行い、証人はSMSで行います。本当にその人が利用をするのか本人確認をする必要がありますので、本人確認のできる書類の画像を提出することは条件です。2段階認証は登録を行ったら、セキュリティの強化をするためにも必ずしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。