ネットで稼ぐ方法!写真素材の販売で稼ぐ方法

趣味が仕事になる写真販売

ネット利用して稼ぎたい、このように考える人は多いかと思われますが、ネットの中で稼ぐ方法は実に多くあるのが特徴です。稼ぐ中でなるべく投資をせずに行いたい人も多いでしょうし、FXなどのように投資をしながら大きく利益を作り上げたい人、仮想通貨を利用して24時間好きなときにいつでも投資がしたい人など様々です。写真が趣味という人も多いかと思われますが、ネットで稼ぐ方法の一つに写真素材の販売があることをご存知でしょうか。

写真を撮影してそれを売る、実に単純明快なネットビジネスです。しかし、高級なカメラがないので自分には不向き、モデルはどうすればよいのかカメラの知識もないし技術もない、技術が必要になるのではないか、色々な疑問点が出て来ます。

風景写真は需要がある

カメラは高級一眼レフがなくても平気ですし、モデルになってくれる人を探す必要もありませんし、風景写真などの素材はネットの中で注目を集めているため、風景写真を専門にしておけば良いわけです。そのため、パソコンおよびインターネットを使う、写真販売を行っているサービスへの登録を行えば、プロはもちろんのことアマチュアの人々でも販売ができるようになります。

売れたときには販売価格の半分などの金額を受け取ることができる、アマチュアの中には月額40万円以上の収入を得ている人も存在しているなど、本格的に行えば写真販売の副業だけで生活ができる可能性もあるわけです。

写真販売はいかに多くの撮影を行い掲載するのかがポイント!

いかに多くの撮影を行い掲載するのか、これは自己アピールにも繋がりますので日常的なスナップを多く集めるように心がけることが大切です。そのため、写真を撮影することが好きな人や将来カメラマンになりたい人などに最適なネットビジネスといえます。

最近は、写真以外にもイラストやコンピュータグラフィックスなど様々な形式の素材が無料のサイト内で配布が行われていますが、このようなウェブサイトの需要は意外と多くあり企業や多くのウェブサイトオーナーなどからの利用が行われているようです。ただし、サイトにマッチした素材と一口にいっても無料素材の中では大雑把になり過ぎてしまう、限定されてしまうなどのデメリットもないわけでありません。

そのため、ウェブサイトや広告などに利用する素材は、クォリティーが求められることが多いなどからも有料の素材を使う、個別にオーダーして利用するなどの使い方をされる人が多いのです。これはイラストやコンピュータグラフィックスに限ったことではなく写真においても同じことがいえます。

細かなニーズに応えることができる様々な写真を掲載しておくことが利益に繋がる、風景などの場合も同じショットを季節毎に揃えておけば夏素材や冬の素材などのように使い分けができるメリットもありますし、利用規約にもよりますが複数のストックフォトサービスに掲載しておけばより多くのチャンスが巡って来るなどのメリットもあるわけです。

ちなみに、1つのサイトに掲載してある写真を他のストックフォトサービスに掲載ができない、このような規約が設けてあるサイトもありますので、利用するときには必ず利用規約をしっかり読んでおくようにしましょう。

写真販売は企業に需要がある

写真素材は企業のホームページやカタログ・パンフレットなどの印刷物で使われることが多いため、基本的には企業をターゲットにすることが大切です。どのような素材が求められているのかをリサーチしてそれを把握した上で計画を立案します。

メジャーなものは他の人が多く掲載していることが多いため、マイナーでニッチなものを狙うのもポイント、旅先などでは珍しい風景を見つけたときには連写して描写の良いものを掲載する、文化などもマイナーでニッチな素材になるのでおすすめです。

喜怒哀楽が明確に出ている人物や一つの目標を達成するために団結した集団、面白さをアピールしたいときにはビフォーアフターのセットを組み合わせるのも人目を付きやすくするコツです。

モデルなどを含め人物を撮影するときには背景は質素にしておけば、人物が強調されるなど撮影のコツを掴むことで技術が必要と思われがちな写真素材も楽しく作ることができます。

ちなみに、写真素材がどのように使われるのかを把握することも大切で、その素材を広告で活用したいときなど広告文章が入る余白が作られていると利用する側にとっても便利です。

写真の片側に余白を設けるなどの工夫を行うのも売れる秘訣に繋がって来ます。写真にはファイル名を付けると同時にタイトルを考えることも大切ですが、このタイトルはネットで検索した際にヒットされやすいものを選んでおけば売れる可能性も高まります。

一見、写真素材はモデルや技術が必要に思われがちではありますが、最も大切なことは利用者が求めている写真、例えば分野やシチュエーションなどを把握しておくこと、需要にマッチする素材がどのようなものであるのか、これを研究することで撮影の計画にも役立てることができます。

写真販売が出来るサイト

iStock

写真、イラスト、映像、オーディオが販売できるクリエイター向けの販売サイトです。

Shutterstock

写真、イラストが出品可能です。

PIXTA

写真、イラスト、動画を販売する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。