仮想通貨XRP(リップル社)とは

送金が速く、送金手数料が安いXRP

XRPとは、アメリカに本社を置いているリップル社が開発した仮想通貨のことです。この仮想通貨が通常の暗号通貨と大きく異なるのは、最初から決済システムを構築するために開発されたという点です。例えば、ビットコインも決済速度は非常に速いですが、単純にそのためだけに作られたわけではありません。ネットワーク上に存在する非常に安全性の高い暗号通貨として開発されたという背景があります。

セキュリティ性を向上させることによって、それまでの電子マネーのような電子上のお金とは全く違うセキュリティシステムを構築できるメリットがありました。一方で、XRPはあくまでも銀行間などに利用される総合的な決済システムとして開発されたという事情があります。ですので、この暗号通貨を利用すると国家が異なっていても高速なやり取りができるようになります。

実際に、それまでの決済システムにはいくつかの大きな問題点が存在していました。まず、世界中で共通した通貨が存在しないという点です。現在、世界で利用されている安全性や信用性の高い通貨はごく少数に限られています。円やドル、あるいはユーロといった通貨を利用することで初めて企業間の取引を円滑にできるようになります。こういった共通の通貨が存在しないという問題点は、企業間のスムーズな取引に支障をきたすことも多くなります。仮に、条件の良い取引をすぐにでも取り決めたいと考えていても、特定の銀行口座がないとスムーズに取引ができなくなるからです。実際に、ドルを共通通貨として取引を行う場合には一度母国の通貨をドルに換算して銀行で取引を行わなくてはいけません。

XRPがあれが、この問題点を解決できます。現実的にも、リップル社はスムーズな金銭的な取引ができるように、発行量も1000億程度で既に発行しています。これは、いわゆる仮想通貨に分類されるものでは非常に大きな数です。上記のビットコインの例で述べれば、わずか2100万枚しか存在しません。特に、近年で仮想通貨は投資や投機の対象として考えられている傾向もあるため、多く発行してしまうとそれだけ需要が下がってしまうという背景もあります。それにもかかわらず、多くの枚数を発行しているのは世界的に流通しても問題ないように考えているからです。

また、もう1つ重要な問題として決済速度そのものの問題点があります。仮に、多国間で金銭のやり取りを行う場合には、時差や営業時間の問題もあって、お金を振り込む速度が物理的に遅くなってしまうという問題点が生まれます。海外送金を行っても、実際に相手に届くのは何日もしてから後ということも珍しくありません。こういった問題点を簡単に解決できるのも、XRPの大きなメリットです。

現実的にも、この通貨はこういった現在存在している通貨間の橋渡しのような役割で提供されています。こういった機能を、ブリッジ機能といいます。通貨単位が異なる国家間の取引であっても、XRPを利用することで簡単に解決できるようにしているのです。機能的な側面でも、この通貨はビットコインなどとの仮想通貨とは若干異なります。例えば、ビットコインは安全性を考慮した取引ができるようにブロックチェーンという技術を利用しています。ブロックチェーンは、ネットワーク上に存在するユーザーが取引の承認を行うことによって成り立つものであるため、そこにいる全員が台帳に記録を行うことができる仕組みになっています。

非常にセキュリティ性が高く、サーバーなどが存在しないため外部からの攻撃を受ける心配もありません。これは、個人間であっても容易にできるという特徴があります。反対に、XRPで利用されているブロックチェーンの技術は、あくまでも銀行などの金融機関やそれを利用する法人向けの台帳として存在しています。ですから、より専門的なセキュリティ性を持っているといえます。

具体的な取引時間も、非常に高速です。ビットコインは、取引時間が約1時間程度必要になるのに対して、この通貨では4秒程度が平均です。1秒当たりの処理速度に換算するとビットコインは平均すると3回から6回程度に収まりますが、この通貨の場合は実に1000回にも及びます。つまり、決済速度がデータ上も非常に高速であるということがわかります。もちろん、他の通貨と同様に投資や投機ができないわけではありません。分類としてはビットコインと同じように仮想通貨として解釈することができますので、この通貨を入手すると価格の変動によって所有している人は利益を得られる仕組みになっています。

実は、将来に関しても非常に期待されています。これは、世界各国の大手企業やIT企業がこの通貨の支援に名乗りを上げているからです。日本国内の銀行からもこの通貨を利用する国際送金を行うように支援を表明するところも出たくらいです。決済システムとして確立されれば、グローバルな取引の革命的な役割を果たすことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。